2015年02月26日

『お子ちゃま夫』との関わり方   

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

先日、ある方から業務外で
法律相談を受けたのですが、
明確に「こうすればいいですよ。」という
お答えがきなかったんですね。

理由は単純です。

そもそもの前提事項(権利関係)があいまいで、
わからないことが多過ぎたからです。

ですから、質問された私としても
答えようがなかったんですね。

質問をされた方の言いたいこと、
要望はわかるのですが、
判断するための材料があいまいである以上
何ともお答えしようがないのです。 (^^ゞ

物事は順序立てて考えなければなりませんので、
このような場合にはまずは
「あいまいな部分」を調べることが先決なのです。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

さて、 「夫があまりに子供過ぎてイライラする!」
という経験をされた方は多いのではないでしょうか?

特に、「子育て」や「家事分担」の際などに
感じることが多いと思います。

○夫はいつも自分中心だ。
○子供のことより自分が優先。
○自分の都合や予定ばかり主張してくる。
○共働きなのに子供のことはいつも私に押し付ける。
○ちょっと家事をしたくらいで「してやったり顔」をする。
○「オレは忙しい」「疲れているんだ」といって家事をしない。
○私が忙しくて夫に構わないとすぐに不機嫌になる。


・・・など、感じたことはありませんか?

こんな時は、自分のことばかりに
目が向いているように感じる夫の言動に、
妻自身もイラッとすると思います。

そして、「私だって忙しいのよ!」
「家事も育児もいつも私ばかりじゃない!」
「自分の都合ばかり優先してなんなのよ!」
「(家事)そのくらいして当然でしょう!」
・・・と、夫に対する怒りの感情も出てくるかもしれません。

こうなってくると、お互いに『不機嫌モード』突入です。

この時、実は夫も妻も『根っこ』は同じ気持ちなんですね。

その気持ちとは・・・
「私(オレ)の気持ちもわかってよ」です。

だけど、「わかってもらえない」「受け止めてもらえない」
と感じるから不機嫌になるのです。

では、どうすればこの状況を
打開することができるのでしょうか?

ここで必要になってくるのが
『自分の心の成長』です。

つまり、あなたが夫に対して
「どれだけ大人の心で対応できるか?」
がポイントなんですね。

先程例に挙げた夫の言動は
言ってみれば夫の「お子ちゃまな心」が原因ですよね。

自己中心的で自分のことばかりわかってほしい心理は、
まさに「お子ちゃま心理」なわけです。

これが、実際の子ども(お子ちゃま)であれば
まだ許せると思うんですね。

なぜなら、「まだ子供だから今は仕方ない。
これから大人になるにつれて心も成長していけば
相手の気持ちを考えられるようになるだろう」
と思うからですよね。

だから子供に対しては
比較的寛大な「大人の心」で対応できるのです。

しかしそれが「夫」になるとそうはいきません。

夫は、見た目は「大人」ですからね。(^^ゞ

だけど、見た目は大人でも
心はお子ちゃまレベルの夫は多いのです。

そうなると、やはり妻が「大人の心」で
夫に接していかなければうまくいきません。

そして、そんなお子ちゃまな心を持った夫を
うまく「育てていく」ことを考えましょう。

もちろん、言うは易し行うは難しです。

だけど、自分自身の心を鍛えて
自分が大人の心を持った人間になることは、
結果的には「自分自身のため」なのです。

夫のためにやるのではなく、
「自分が」楽にうまく生きて行くためにやるわけですね。

自分のため・・・
そう思ったら、少しやる気が出てきませんか?

見方を変えて自分なりに工夫していくことで、
夫との関係もうまくいくようになります。

「大人の心」ってどんな心でしょうか?

よかったら一度考えてみて下さいね。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
    

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:46| Comment(0) | 司法書士業務

2015年02月23日

弁護士に依頼する前に・・・ 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

昨年末、叔母が飼っていた犬が
ペット美容室の重大な過失によって
死んでしまうという悲しい事件が起きました。もうやだ〜(悲しい顔)

叔母から詳しい事情を聞けば聞くほど
信じられないことばかりで、
思わず冷静さを失ってしまいました・・・

ペット美容室側の誠意のない対応に
叔母は仕方なく「泣き寝入り」している状態なのですが、
私としては「こんな理不尽なことは許せない!」のです。

もちろん、ここまで熱くなるのは
私が大の犬好きだということもありますが、
事の重大性をわかっていない店側の不誠実な対応と、
今後も同じような事故を起こしてはいけないという思いもあって、
この事件を引き受けることにしました。

泣き寝入りはできません!

法律上、犬は「物」扱いではありますが、
飼い主にとってはかけがえのない「家族」なのですから。

この事件については
また今後も書いていきたいと思います。(^^)

さて、今日のテーマは
「弁護士に依頼する前に・・・」です。

実は最近、離婚に関するご相談が増えています。

中には既に弁護士に依頼されている方もいるのですが、
弁護士もいろいろですから、
私のサポートが役に立つ方もおられるのです。

離婚を考えた時に
自分に変わって夫と交渉してほしいと思う場合には、
「弁護士」しか代理人になることはできません。

しかし例えば、「調停」という方法を使って、
夫と離婚の話し合いをしてもいいと思う場合には、
弁護士をつける必要があるのかどうか?事案にもよりますので、
一度じっくり考えたほうがいいと思います。

私の個人的な意見ではありますが、
調停までなら弁護士をつけなくても
十分やれることのほうが多いのです。

ちなみに、弁護士を雇う場合には
やはり弁護士報酬がかなり高額になってきます。

事務所により報酬は異なりますが、
おおよそ着手金だけでも20万〜30万、
成功報酬も含めるとかなりの高額になることが多いです。

そこでもし、「弁護士を雇うべきかな?」と
思うようなことがありましたら、
その前に一度ご相談いただければと思います。(^^)

弁護士が必要な事案なのかどうか、また、
依頼者がどこまでのことを望んでいるのか、
などを充分に考えた上で、
依頼者にとってベストだと思う「選択」
ご提案させていただきます。


また、もし弁護士が必要だと判断した場合であっても、
弁護士費用を安くする方法などもお伝えできます。

これは、法律実務の世界を知っているからこそ
わかることなんです。

ですから、お気軽に何でもお尋ね下さいね。(^^)

ちなみに私は「司法書士」ですから、
裁判所に提出する書類作成のプロです。
(調停関係の書類作成もOKです)

離婚事件で依頼者の代理人として交渉はできませんが、
法律知識や文章作成力は備えておりますので、
様々な面でサポートができると思っています。

それに、弁護士に比べると費用もかなり安いです。

ちなみに私の仕事のスタンスは、
依頼者の目的を達成するために、
依頼者の意思を尊重しながら賢く事件を処理していくこと
です。

手続きもスピーディーに進めて行きます。

今年は、円満に離婚を進めたい方や
離婚後自立した生活を送りたい方向けの
「応援メルマガ」を新しく作っていく予定です。

もちろんこれまでどおり、
夫婦関係修復に関する記事も書いていきますので、
引き続きよろしくお願いいたします。(^^)/

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:43| Comment(0) | 司法書士業務

2015年02月19日

悶々と悩む前にできることとは? 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

先日、司法書士業務で理不尽に感じる事件があり、
久しぶりにストレスを感じました。(^^ゞ

そんな時に、バレンタインデーに
友人からもらった『友チョコ』を食べると、
ちょっと気分が戻ってきました。

普段自分では買わないようなレベルのチョコだったので、
その効果も大きかったようです。(笑)

さて、夫の言動や行動が気になって、
悶々と思い悩むことはありませんか?


これも「自分軸がないからですよ」と
言ってしまえばそれまでなのですが、
多かれ少なかれ誰にでもあることだと思うんですね。

「夫のことなんて全く気になりません」と言う人は
それはそれで夫婦としてどうかとも思いますし。(^^ゞ

つまり、気にし過ぎもよくないけれど、
気にしなさ過ぎもよくないわけです。

そこで、夫の言動が気になり過ぎて
ネガティブな妄想ばかりが膨らむ時や、
悶々と思い悩んでしんどい時には、
こうやって乗り越えていきましょう!

それは・・・
「気になっていることを思いきって夫に聞いてみる!」です。

どうですか?
できそうですか?

例えば、夫が不機嫌そうな態度の時には、
「私何か気に障ることしたかな?」と
思いきって聞いてみると早いのです。

もしここで夫が「いいや」などと答えてきたら、
その後はもう気にせずに過ごせばOKです。

こんな時は、夫は一人でじっくり考えたい問題を
抱えているかもしれませんので、
その後はできるだけそっとしておけばよいのです。

これは、私がクライアントさんから質問を受けた時に
よく答えることでもあるんですね。

これまでに私から
「夫に聞けそうだったら聞いてみましょう!」
と言われた方は多いと思います。(^^)

ネガティブな妄想が膨らんだり、
「どうしたんだろう?」と悶々と悩み続けるくらいなら、
思いきってその原因となっている夫に聞けば解決も早い
というわけですね。

これも自分の感情とうまくつき合って
いくための工夫といえます。

もちろん、夫との関係だけでなく、
その他の人間関係でも同じです。

できるだけストレスをため込まないよう
自分なりの工夫をしていくことが大切です。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:45| Comment(0) | ├ 自分を整える

2015年02月12日

離婚か修復かを決める際の3つのポイント      

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

先日は久しぶりに司法書士の研修に参加し、
ガッツリ勉強してきました。

最近は細々としたご相談が増えていますので、
きちんと対応できるよう自己研鑽が必要だと
改めて痛感しています。

使わない知識はどんどん忘れていきますからね。(^^ゞ

さて、夫が浮気をするなどの問題行動を起こして
夫婦関係がうまくいかなくなると、
離婚すべきか、それとも関係修復のために頑張るべきか、
気持ちが決まるまでに時間がかかると思います。

どちらの選択をするか決めるためには
自分の本当の気持ちに気づく必要がありますし、
自分の今後の人生をどうやって生きて行きたいのか
についても考えなければなりません。

そして、自分がした選択(決断)は
間違いたくないですし、後悔もしたくないと思うんですね。

では、選択を間違わず、後悔もしないようにするためには
どんな心構えが必要なのでしょうか?


以下、私が考えておくべきだと思う
3つのポイントをお伝えしますね。(^^)

【ポイント1:あるがままの現実を受け取る】

これは例えば、問題発覚後に気づいた夫の性格や
夫婦の歴史(勘違いしていた部分も含めて)、
今自分が置かれている環境や生活状況などについて、
ある意味シビアな目で見るということです。

夫と離婚したくない、という点にのみ意識が向いてしまうと、
どうしても現実を「自分に都合の良いように」解釈しがちです。

嫌な部分は見たくないですからね。

そうすると、たとえ関係修復の努力をしているつもりでも、
努力が的を射ないので、功を奏さないことになります。

ですから、「あるがままの現実を受け取ること」が
建設的な努力を始める第一歩なのです。

夫が幼稚でわがままな人間だと気づいたのなら、
まずは「そのとおりに受け取る」ということですね。

【ポイント2:両方の選択が「可能」であることを知る】

クライアントさんが離婚を思いとどまる
理由としてよく挙げられることに、
「もう○○歳なので再就職も再婚も難しい」
「結婚後に仕事を辞めてしまいキャリアがない」
「子どもを育てるだけの経済力がない」などがあります。

確かに、年齢やキャリアなど一部については
事実を挙げているのですが、
そのことがイコール=自分の可能性を自分で否定している
ことになっています。

「〜だから・・・できない。・・・は無理だ。」
「私はこれ以上のことはできない人間なんだ」
と自分で決めつけているんですね。

そうすると、もはや選択肢としては
「離婚できない」しかないわけです。

だけど、実際に真剣に考えてやってもみないうちから
自分の可能性を決めつけて
あきらめてしまう必要はありません。

一般的にそうだから・・・ということが
あなたにもあてはまるかどうかはわからないのです。

ですから、自分の中のいろんな制限を外してみて、
自分が「両方の選択が可能であること」を知ってくださいね。

自分を信じていく勇気を持ちましょう!(^^)

人生、なんとかなるものです。

【ポイント3:自分の人生の先に何を見るか?】

離婚を選択しても、夫婦関係修復を選択しても、
どちらも相当なエネルギーが必要です。

そして、自分の大事なエネルギーをどちらに使うのか?
を考える時に大事なことは、
「自分の人生の先に何を見るか?」です。

例えば・・・

モラハラ夫との生活を強いられてきた人であれば、
離婚後に安心して自由に伸び伸びと
楽しく暮らしている姿を想像するかもしれません。

これまで、本当の意味での夫婦関係を
築けていなかったことに気づいた人であれば、
もう一度夫に向き合い修復の努力をすることで、
お互いに理解し安心し合える夫婦関係に
なっている姿を想像するかもしれません。

自分の人生の先に何を見るか? つまり、
自分の未来はどうなっていたいのか? についても、
しっかり考えていきたいところです。

あなたの大事な人生の選択です。

参考にしていただければ幸いです。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
    

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:46| Comment(0) | └ 離婚か修復か

2015年02月09日

努力が功を奏している人ほど○○です              

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

最近は、カウンセリングの方でも
離婚のご相談(妻が離婚したい場合)が多いです。

離婚のご相談になりますと
当然法的な手続きが中心になってきますので、
司法書士として関われる範囲で
サポートをさせていただいております。(^^)

さて、最近いろんなクライアントさんを
見ていて感じたことがあります。

それは、努力が功を奏している人ほど謙虚である
ということです。

謙虚な人は、自分自身のことも謙虚に反省することができますし、
夫に対しても素直に向き合い感謝の気持ちが出てきます。

そしてそうなってくると、
良いことも悪いことも現実をありのままに
受け止めることができるようになっていきます。


これは、努力が功を奏しているクライアントさんに
共通して言えることです。

言いかえれば、心から謙虚な気持ちになった時に
努力が功を奏する
とも言えるのです。

セルフリメイクプログラム受講中の
クライアントKさんもその一人です。

彼女はこれまでの結婚生活を振り返り
自分自身の至らなかった点を心から反省し、
新たな気持ちで夫と向き合っておられるのですが、
お会いする度にどんどん謙虚になっていかれます。

夫がKさんにこれまでの不満をぶつけてきても
謙虚な姿勢で受け止めています。

そして、Kさんのこのような変化に伴って、
少しずつですが夫も変化しているのです。

Kさんからの良い影響を受け
夫にも良い変化がみられるようになってきました。

『謙虚な人』というのは、
常に自分を省みて、少しでも自分を改善しようと
前向きに考え、行動しています。


その際、自分のことに集中しつつも、
夫を思いやる気持ちも忘れないのです。

このように、謙虚な気持ちで
自分自身や夫に向き合っていくことで、
夫婦関係修復の努力も功を奏していきます。

ちなみに、「謙虚」の反対は「傲慢」です。

「傲慢さ」が原因で
夫婦関係がうまくいかなくなることは多いです。

さて、今のあなたはどのくらい謙虚でしょうか?

まずは、自分自身に対して謙虚であるか?
そして、夫に対して謙虚であるか?
について考えてみてくださいね。犬

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:47| Comment(0) | ├ 夫婦関係修復

2015年02月05日

模範解答を探さなくていいのです                

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

昨日仕事で裁判所に行くと、
司法修習生が裁判所研修に来ていました。

毎年この時期の恒例行事です。

弁護士や裁判官、検察官のタマゴたちが
一生懸命現場から学ぼうとしている姿に刺激され、
私も初心を思い出しました。

司法書士も約半年間に渡り、
似たような現場研修がありましたからね。

司法修習生と違って無給でしたが・・・(笑)

さて今日は、セルフリメイクプログラム参加中の
あるクライアントさんとのメールのやり取りの中で、
「模範解答は何ですか?」との質問がありましたので
この点について考えてみたいと思います。

例えば、夫がある行動に出たとします。

その時に、自分がどう対応(行動)したらいいのか?
考えると思うんですね。

特に、夫との関係がギクシャクしている時には、
つい感情的になってしまい本心とは反対の行動を
取ってしまうこともありますので、
より慎重になると思います。

そんな時は、ここでどういう対応(行動)を取るのが
ベストなのだろうか・・・・と、
『模範解答』を探したくなるかもしれません。

夫と気まずい関係になるのは避けたいですし、
早まった行動も避けたいですからね。

その気持ち、よくわかりますよ。

誰にでもある
失敗したくない心理ですからね。(^^ゞ

ちなみにこの時私がお答えしたのは、
「模範解答を探す必要はありませんよ」ということです。

そして、私がクライアントさんの夫の行動を見て
「感じたこと」をお伝えさせていただきました。

その上で、クライアントさんにも
その行動を取った夫の気持ちを推測してもらい、
クライアントさん自身がどう感じるか?を
考えていただきました。

もしこの時、

ありがたいな、と感じたら
「ありがとう」と言えばいいのです。

嬉しいな、と感じたら
「嬉しいな」と言えばいいのです。

正直それほど嬉しくはないけれど、
少しは私のことを考えてくれたんだな、と感じたら
「考えてくれた夫の気持ち」に関して
「ありがとう」や「嬉しいな」と言えばいいのです。

自分がどう感じて、
その結果どう対応(行動)したいのか?

について考える、ということですね。


誰でもそうですが、
行動には必ず目的や理由があります。

ですから、まずはその点を考えてみるといいですよ。

その上で、自分の対応(行動)を考える時には、
一般的な模範解答を探すのではなく、
自分自身に問いかけてみることが大切です。

○夫はどうしてそんな行動を取ったのだろう?

○夫はどんな気持ちでそうしたのだろう?

○もし夫が○○な気持ちだったとしたら、
それに対して私はどう感じるだろう?
どう対応(行動)したいだろう?


あなたにとってベストな答えは、
実はあなた自身の中にあるのです!


そして、自分で導き出した答えだからこそ、
自分の発言や行動に責任を取れるのです。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 12:09| Comment(0) | ├ 自分に正直になる