2015年11月30日

ありのままの夫を受け入れることが難しい理由とは?       

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

今年も残すところ1か月となりました。

まだまだ年内にやれること、
やっておきたいこと、
考えればいろいろ出てくると思います。

この1か月の過ごし方が
2016年を生かすことにつながる!

そう思って過ごすか過ごさないかで
スタートが変わってくると思っています。

ということで、
あなたはこの1か月、何を目標に過ごしますか?

どんな小さな目標でもOK。
考えてみるとおもしろいですよ。犬


そういえば
以前のブログでも、
「2015年残り3か月の目標を立てましょう!」
といった記事を書きました。

その時、ブログを読んでくださった
あるクライアントさんが決めた年内の目標は
「ありのままの夫を受け入れること」でした。


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
ありのままの夫を受け入れること
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

この言葉は、
夫婦関係について書かれた本やセミナーなど
いろんなところで耳にしたことがある言葉
だと思います。

そしてほとんどの人が一度や二度は、
「そうだよね」「わかってるんだけどね」
と思ったことがあるだろうと思います。

しかしその一方で、
「ありのままの夫を受け入れること」が
容易なことではないということも
実感されていると思うんですね。


では、
なぜありのままの夫を受け入れることが
そんなに難しいのでしょうか?


・・・・・


その理由として
私がこれまで多くのクライアントさんと
接してきた中で感じることは、
クライアントさんの中に
以下の2つの「NO!(ノー)」があるからだ
ということです。


「ありのままの夫を受け入れる」ためには、

(1)夫を「信頼する勇気」を持つこと
(2)夫を「受け入れる覚悟」を持つこと


この2つが必要なのですが、
ここがNO!だというわけです。


つまり心の奥では、
○夫に任せたらどうなるかわからない。
(=夫は間違うかもしれない。不安だから任せられない)

○受け入れたいとは思うけど覚悟まではできない。
(=できる自信がないので覚悟なんて決められない)

などと思っているので、
ありのままの夫を受け入れることが難しいのです。


また、別の視点から考えてみると、
「心の許容範囲が狭い」ということもあります。

相手を受け入れるということは、
それだけ自分の心の器を広くしていく
必要がありますからね。

そして、心の器を広くするためにも
セルフリメイクの努力が欠かせません。

ここは私も日々、意識しているところです。


では、あなたは夫との関係性の中で
心の器を広げる努力をしてきたでしょうか?

夫との間に何ら問題がなかった時と
問題が起きた時、そして
問題が起きた後から現在までを比較して
あなたの心の器は広くなっていますか?

過去の自分と今の自分を比較して
どれだけ心が成長しているでしょうか?

ここ、とっても大事です。(^^)


他人と自分を比較する必要はありませんが、
過去の自分と現在の自分とを
比較してみることは大事ですからね。

ちなみに
心の器が広くなったかどうかを知るには、
自分の中のイライラ度、不満度、ストレス度が
どう変化してきたかを比べてみるといいですよ。

心の器が広いほど
おおらかな気持ちで過ごせますから、
イライラ、不満、ストレスを感じることも
少なくなりますからね。


ということで
「ありのままの夫を受け入れよう」と思ったときには、

(1)夫を「信頼する勇気」を持つこと
(2)夫を「受け入れる覚悟」を持つこと
(3)自分の「心の器を広げて」いくこと


この3つを意識して過ごしてみてくださいね。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

☆第3回『スマート心塾』に参加されませんか?

(1)勉強会テーマ
「スマートコミュニケーション
〜思い込みと潜在意識(前編)〜」


潜在意識の理解を深めることで
自分のことも相手のことも
より深く理解できるようになります。

良いコミュニケーションは
良い関係性を作る最大のポイントです。

是非、この機会に勉強してみませんか?

(2)座談会テーマ
「2015年 私を表す漢字一文字は?」

なお、座談会は勉強会終了後1〜2時間程度
予定しております。

お時間に余裕がある方は
是非、座談会にもご参加くださいませ。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
1.開催日時 

12月5日(土)
勉強会 13時〜15時45分
座談会 16時〜17時30分

2.定 員:4名    

3.参加費:5,000円(税込) ※勉強会+座談会
当日ご持参ください。

4.開催場所:カウンセリングルーム La・フロコリール
  福岡市城南区別府4丁目1−13 アグレアーブル別府301号
  電話:092−407−7055

5.持参するもの:筆記用具、クリアファイル

6.申し込み方法
下記アドレス宛にメールにてお申込み下さい。
なおその際には、下記(1)〜(2)をご記入ください。

(1)氏名
(2)座談会参加の有無

☆お申し込みアドレス→Mail:info@flocorir.com


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:20| Comment(0) | ├ 夫婦関係修復

2015年11月26日

あきらめるタイミングとは?

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

最近、急激に寒さが増してきましたね。

本格的な冬到来ですので
カウンセリングルームの
冬支度を急ぎたいと思います。


さて、
「夫婦関係修復って時間もかかりますし、
その間ホントに辛いですね・・・」


これはあるクライアントさんの言葉ですが、
夫婦関係修復の努力をされている
クライアントさんの多くが
一度は感じたことのある感情だと思います。

明るい未来を信じて
落ち込むことがあっても
前向きな気持ちに立て直して
日々なんとか頑張っているのですから、
時々こんな言葉をつぶやきたくなるのも当然です。


「離婚してはダメだよ。
頑張ってもう一度やり直しなよ。」
なんてこと
誰に言われたわけでもないですし、

むしろその逆で
「早く離婚して新しい人生を始めなよ」とか、
「またいい人が現れるよ」などと
言われることのほうが多いかもしれません。

そんな中で
「それでも夫ともう一度やっていきたい」
と思ったのは「自分自身」です。

そこには
「夫との人生をあきらめきれない何か」があるからですよね。

その「何か」は人それぞれだと思いますが、
たとえそれが他人には理解できなくても
自分が納得できるものであればそれでOKです。


私はいつもそう思いながら
クライアントさんに接するようにしています。

だからもし仮に離婚に応じるとしても、
そのタイミングはクライアントさんが
決めたらいいと思っています。

十分に心を整えて、
離婚を受け入れる準備ができてからでいい
と思っています。

夫の離婚要求が激しい時は
どうしてもそのペースに飲まれて
しまいそうになることもありますが、
結婚をふたりの合意で決めたのと同じように
離婚もふたりの合意で決めるのがベストです。

離婚後もお互いに
良いスタートを切るためには、
双方に納得のいく形でけじめをつけるのが一番です。

だからそのために
多少時間がかったとしても
それはそれで必要なことだと思います。


ところで
あなたは「あきらめるタイミング」について
考えたことはありますか?


・・・・・


私が考えるそのタイミングとは
以下の過程を経た時です。

あきらめられない何かがあるからこそ
夫婦関係修復の努力をしようと決心した。


     ↓そして

今自分にできるベストを尽くしてきた。
全力でやれるだけのことはやった。


     ↓だけど

夫の気持ちは変わらなかった。
夫の離婚意思は揺るがなかった。


というのであれば、
その時は自分の気持ちに
区切りをつけることができるはずです。

そうするとこの時が
「あきらめるタイミング」だと思うんですね。


「あきらめる」という言葉には
消極的でマイナスのイメージがありますが、
「やるだけのことをやった後」であれば
それは「物事の限界を知った」ということですから、
むしろ積極的でプラスの言葉だと思います。

そしてやるだけのことをやったからこそ、
あきらめてそこから一歩踏み出すことが
新たな自分の幸せを作っていくんですね。


「物事の限界を知ってあきらめること」
とても大事なことです。

なぜなら、この判断ができなければ
それ以降はただの「執着」になってしまい、
ただただ苦しいだけの人生になってしまうからです。

つまり
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
やるだけのことをやった後であきらめる
ということは、
物事の限界を知ったからこそ
次なる一歩を踏み出すという勇気ある決断

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
なのです。


やるだけのことをやったのであれば
もうこれ以上そのことで悩まなくていいのですよ。

長い人生
他にもたくさん幸せはあります。

もっと自由に伸び伸びと
自分らしく生きていけます。

やるだけのことをやりきったあなたなら
きっと大丈夫です。犬

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

☆第3回『スマート心塾』に参加されませんか?

(1)勉強会テーマ
「スマートコミュニケーション
〜思い込みと潜在意識(前編)〜」


(2)座談会テーマ
「2015年 私を表す漢字一文字は?」

なお、座談会は勉強会終了後1〜2時間程度
予定しております。

座談会の参加は自由です。

お茶をしながら
気楽におしゃべりできる場ですので、
お時間に余裕がある方は
是非、座談会にもご参加くださいませ。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
1.開催日時 
12月5日(土) 残席あります!
※6日は満席になりました。
ありがとうございます。(^^)

時間帯はいずれも
勉強会 13時〜15時45分
座談会 16時〜17時30分(頃)

2.定 員:4名(各日)    

3.参加費:5,000円(税込) ※勉強会+座談会
当日ご持参ください

4.開催場所:カウンセリングルーム La・フロコリール

福岡市城南区別府4丁目1−13 アグレアーブル別府301号
電話:092−407−7055

5.持参するもの:筆記用具、クリアファイル

6.申し込み方法
下記アドレス宛にメールにてお申込み下さい。
なおその際には、下記(1)〜(3)をご記入ください。

(1)氏名
(2)参加希望日
(3)座談会参加の有無

☆お申し込みアドレス→info@flocorir.com

※ご質問もお受けしております。(TEL:092-407-7955)



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:56| Comment(0) | ├ 離婚の決意

2015年11月23日

『第3回スマート心塾』のご案内

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

あっという間に11月も後半ですね。

今月もドドドッ・・・と
仕事に追われておりましたが、
ようやく少し落ち着いてきました。

年末に向けてあと一息。

今年中にやっておきたいことを
ひとつずつ丁寧にやっていきますね。


さて、あなたはこれまでに
自分の勝手な「思い込み」によって、
相手との関係性がうまく作れなかった
というような経験はありませんか?

例えば、夫との関係、会社の人間関係、
友人との関係、仲間との関係など。


そういう私もかつては
思い込みが強いタイプでした。

夫の些細な態度や行動を見ては、
「夫がこうするということは
きっとこう思っているに違いない」
と思い込んで、
夫に真意を確認することなく
自分の中で結論づけてしまうのです。(^^;


あなたはそんなことはありませんか?

そして、思い込んだまま
自分の態度や行動を決めてしまうことはありませんか?


・・・・・


自分の勝手な「思い込み」を
「これは私の思い込みかもしれないな」と
気づくことができればいいのですが、
思い込みから妄想が膨らみ
その妄想がだんだん被害妄想に発展し、
どうしようもなくイライラしたり
苦しくなったりすることもあるかもしれませんね。

「思い込み」のために
余計な心配を増やしてしまったり、
無駄な悩みを抱え込んでしまったり
するかもしれません。


しかし実際のところ、
思い込みが本当にそうなのか
それとも思い込みに過ぎないのかは、
相手に確認してみなければわからないこと です。

そして、確認できるような内容であれば
素直に疑問に思ったことを
相手に聞いてみれば解決できます。

だけど、相手に確認できそうもないことや
聞くのもどうかなと躊躇することであれば、
「思い込み」を一旦手放してから
もう一度思い込みの元になった言動を
フラットな視点で見直してみる必要があります。

「これも私の勝手な思い込みかもしれないな。
夫は単純に○○だっただけかもしれないし、
これ以上妄想を膨らませても仕方がないよね。
私の思い込みで決めつけちゃダメだよね。」


というように、
「思い込みを手放してフラットに考えてみよう!」
と思い直すことが大切です。


とはいえ、思い込んでいる時には
なかなかそれが「思い込み」だとは
気づかないものです。

だけど、自分の意識の中に
「それって思い込みじゃないの?」
「そうとは限らないんじゃないの?」といった
疑問符を投げかけることを習慣にしていけば、
思い込みに気づきやすくなります。


自分の中に「思い込み」があると
相手を正しく理解することができません。

そうすると、相手とのコミュニケーションも
うまくいかなくなり、
相手と良い関係性を築くことができません。

これはとても
もったいないことですよね。


実はこの「思い込み」は
人間の脳の特徴や癖、
潜在意識の影響を受けています。


そこで、

私たちの脳にはどんな特徴や癖があるのか?
○私たちは潜在意識からどんな影響を受けているのか?


これらを知ることで
自分自身の、そして相手の理解が深まります。

次回の『スマート心塾』では、
このあたりのことを中心に
勉強できればと考えています。

以下、『第3回スマート心塾』のご案内です。犬

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

☆『第3回スマート心塾』

(1)勉強会テーマ

「スマートコミュニケーション
〜思い込みと潜在意識(前編)〜」


脳の特徴やクセを知ることで
思い込みに気づきやすくなります。

また、潜在意識の理解を深めることで
自分自身と、そして、相手との
コミュニケーションがうまくいくようになります。

今回は「前編」ということで、
まずは基本的なことをお伝えしていきますね。

(2)座談会テーマ

「2015年 私を表す漢字一文字は?」

テレビでよく観る「今年の一文字」を
真似してみました。(笑)

なぜ、その一文字を選んだのか?
その理由も含めて考えてみてくださいね。

なお、座談会は勉強会終了後1〜2時間程度
予定しております。

座談会の参加は自由です。
(途中までの参加もOKです)

お茶をしながら
気楽におしゃべりできる場ですので、
お時間に余裕がある方は
是非、座談会にもご参加くださいませ。(^−^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

1.開催日時 
12月5日(土)、6日(日)

時間帯はいずれも
勉強会 13時〜15時45分
座談会 16時〜17時30分(頃)

2.定 員:4名(各日)    

3.参加費:5,000円(税込)
当日ご持参ください。

4.開催場所:カウンセリングルーム La・フロコリール
福岡市城南区別府4丁目1−13
アグレアーブル別府301号
電話:092−407−7955

5.持参するもの:筆記用具、クリアファイル

6.申し込み方法
下記アドレス宛にメールにてお申込み下さい。
なおその際には、下記(1)〜(3)をお知らせ下さい。

(1)氏名
(2)参加希望日
(3)座談会参加の有無

☆お申し込みアドレス→Mail:info@flocorir.com

ご参加お待ちしております♪



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 12:17| Comment(0) | └ お知らせ

2015年11月19日

自分の中の「〜しなければならない」を見直してみる

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

さて、私はこれまでに
「自立した生き方をしていきましょう」
といった趣旨の記事を何度も書いてきました。

他人に依存して
他人に流されながら生きていくのではなく、
しっかりと自分の軸(判断基準)を持って
精神的に自立して生きていきましょう、
ということですね。

なぜ「自立」が必要なのかといいますと、
「自分らしく」「自由に」生きていくためです。


しかし一方で、
自立するということは頭の中で
「〜しなければならない」とか
「〜してはいけない」といった、
あなたの「自由な心を縛る考え」が
たくさん出てくる場合も多いんですね。

○人に頼らず自分でやらなければならない。
○迷惑をかけられないから・・・しなければならない。
○妻として、母として・・・しなければならない。
○自分だけ・・・してはいけない。

などなど、

あなたの頭の中にも
「〜しなければならない」とか
「〜してはいけない」という考えが
たくさんあるのではないでしょうか?

・・・・・


そういう私もかつては
ほぼほぼ、コレだったんですよ。(^^;

かつての私の行動のベースには
「〜しなければならない」とか
「〜してはいけない」という考えがあって、
その考えに従って生きてきました。

早く自由になりたかったから
それなりに努力して自立してきたんですね。

しかし、精神的にも経済的にも自立することで
いろんな自由を手に入れることができた反面、
心はどんどん窮屈になっていきました。


どうしてこんな状態になってしまったのか・・・


それは、自分の中の
「頭の声」ばかりに耳を傾けて
「心の声」を無視し続けていたからです。

こうなると
生きていくのもしんどくなりますし、
満たされない気持ちでいつも
心はイライラ、不満たっぷりです。


そしてこんな時は
身近な人間関係の中で
そのイライラや不満が出やすいのです。

例えば夫婦関係とか親子関係とか。

これは、自分自身に対してだけでなく、
夫に対しても、親に対しても、子供に対しても、
たくさんの「〜しなければならない」
「〜してはいけない」という考えに縛られているからです。

そこで、しんどいなと思った時には、
自分の中の「〜しなければならない」という考えを
一度見直してみることが大切です。


さて、あなたは自分自身に対して、
そして夫に対して、親に対して、子供に対して
どんな「〜しなければならない」を持っていますか?

そして、その考えを持つことによって
あなたの心の声は何と言っていますか?

「もっと楽に考えたい」とか
「もっとゆとりを持った考えに変えたい」とか
「もっと適当でいいじゃん!」などと
訴えてくるかもしれませんね。

まずはそこを検証してみましょう。


頭の声ばかりに耳を傾けるのではなく
心の声も聞いてあげてくださいね。犬


私たちはいろんな価値観の中で
日々生活をしています。

いろんな立場の人が
いろんな価値観を基準に、
正しいとか正しくないとか、
こうすべきだとかこうしてはならないとか、
いろんなことを言ってきます。

そしてその考えに
共感する自分がいてもいいですし、
何か違和感を感じるよなぁ、
私はそうは思えないんだけど、
と感じる自分がいてもいいですよね。

あなたの心がどう思うか、
どう感じるかは自由なのですから。


大事なことは、
そう思えない自分を否定するのではなく、
そう思えない自分の気持ちを
「自分がもっとわかってあげること」なんです。

そしてそのために、
自分の心と向き合う時間を作っていきましょう。

どんな時も、心が自由でいられれば
もっと楽に幸せに生きていけると思います。


今、あなたの自由な心を
縛っている考え(頭の声)は何でしょうか?

一度見直してみるといいですよ。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 22:59| Comment(0) | ├ 自分を大事にする

2015年11月16日

夫から、そしてこの問題から何を学ぶのか?

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

先日の日曜日は珍しく朝から夕方まで
カウンセリングをしておりました。

仕事の関係で日曜日しか休みが取れない方や
平日仕事帰りにカウンセリングをご希望の方は、
事前にご予約いただければ対応可能ですので
お気軽にお申し出くださいね。犬


さて、日々カウンセリングをさせていただき、
いろんなクライアントさんと接していく中で
いつも思うことがあります。

それは、

○このタイミングでこの問題が起きた理由は何だろう?

○クライアントさんは夫から、
そしてこの問題から何を学べるのだろう?


ということです。


私が長く関わらせていただいている
クライアントさんに関しては、
これらの答えがだんだん明確になってきます。

そして、自分自身もより良い自分に
変わっていくことの必要性を感じ、
それを実行していこうと努力される方は
日々悩みながらも着実に成長されています。

そんなクライアントさんを
これまでに何人も見てきました。


だから自信をもって言えることは
「人は変われる」ということなんですね。(^^)


「変わる」ためには
「気づき」を得ることが必要です。

そしてその「気づき」は
夫や直面している問題に向き合う中で
見つかるものです。


貞松が行うカウンセリングや
セルフリメイクプログラムの中では、
クライアントさん自身に
「気づき」を得てもらうために、
いろいろな質問をさせていただいております。

「自分自身に質問する」ことで
クライアントさん自身の中から
答え(気づき)を導き出すためです。


一般的に人間の脳は
質問されると無意識にもその答えを探しだす
と言われています。

そして、自分の中から導き出された答えは
自分でも腑に落ちている答えですから、
そこから自分が変わるための次なる一歩を
踏み出すことができるんですね。


その次なる一歩とは・・・

「実践」、つまり「行動」です。

夫との関係性の中で、
「気づいたことを行動に移していく」
ということです。

行動に移していけばまたそこで
新たな感情が出てきたり、
新たな気づきが生まれます。

そこから学ぶことが出てきます。

うまくいくこともあれば
うまくいかないこともある。

だけどそんな経験を積んでいく中で
少しずつ少しずつ
より良い自分に変わっていけるんですね。


「気づき」を得たらそれを「学び」として
「行動」に移していく。


この繰り返しです。


もし今、あなたの夫や
あなたが抱えている問題が
あなたに何かを気づかせようとしているとしたら、
それは何だと思いますか?

あなたは夫やこの問題から
何を学ぶことができましたか?


このような視点で考えてみることも
自分の成長や
より良い変化のためには必要です。



最後に・・・

『第3回スマート心塾』についてですが、
12月の第1週目あたりで開催を予定しています。

なお今回は、
「潜在意識」を題材にしたテーマを検討中です。

詳細がまとまり次第お知らせいたしますね。

お楽しみに〜♪

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
     ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945




posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:10| Comment(0) | ├ カウンセリング

2015年11月12日

「弁護士」「調停」「裁判所」・・・そんな時には            

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

最近はスーパーの果物コーナーで
「みかん」がたくさん並んでいますね。

種類も産地も糖度も様々で
好きなみかんが選べます。

ちなみに最近のお気に入りは
熊本県産の「汐みかん」です。

愛犬ダックスもみかんが大好物で
いつも一緒に食べるんですよ。(笑)


さて、

夫が妻に離婚要求をしてくる時に、
夫婦の間で話し合いがつかないと判断すると
次のような行動に出てきます。

1.親を交えての話し合いを試みる
2.弁護士を代理人に立てて話し合いを試みる
3.離婚調停を申し立ててくる


おおよそ1〜3のいずれかの行動に出てきます。

1→2→3とくる場合もあれば、
2→3とか、3→2といった場合もあります。


そしてこのような場合に
クライアントさんからよく聞かれる質問が、

「夫が弁護士を立ててきたので私も弁護士が必要ですか?」
「離婚調停になったので弁護士が必要ですか?」


といったものです。

この「弁護士が必要かどうか?」については
ケースバイケースで個別に判断するわけですが、
私のこれまでの経験から言うと
ほとんどの場合で必要ありませんでした。

つまり、弁護士を雇うまでもなく
ちゃんと対応できた
ということですね。

このように、夫との離婚問題で
途中から弁護士が間に入ってきたり、
離婚調停を申し立てられたとしても、
妻に何ら非がないのであれば
正々堂々と受けて立てばいいのです。


とはいえ、
「弁護士」「調停」「裁判所」などと聞くと
不安に思う気持ちもよくわかります。

突然弁護士事務所から文書が届いたり、
家庭裁判所から呼び出し状が届いたりすれば
ビックリするのは当然ですからね。

そこでそんな時は一度
貞松までご相談いただければと思います。犬

弁護士に依頼する必要があるのか?
今後どう対応していけばよいのか?

などについて、
具体的にアドバイスをさせていただきます。


ちなみに私は司法書士でもありますので、
一般的に「士業」といわれる専門家との繋がりがあります。

なお、私がご紹介できるのは
弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、
それから探偵さんもOKです。

すべて私が「信頼できる」と思う方々です。
(探偵さん以外はすべて女性です)

ご相談いただく方は
私にとっても大事なクライアントさんですから、
誠実に向き合ってくれる専門職しか
紹介いたしませんのでご安心下さいね。

ということで
今後もし法的なことで困ったことが起きた場合には、
貞松のことを思い出していただければ
何かしらお力になれると思います。(^^)

※当然ですが変な手数料などは一切不要です。


ところで少し話は変わりますが、
あなたにはあなたが困っている時に
親身になって助けてくれる存在はいますか?

例えば、友人とかですね。

こういう存在こそ
何より大事にしたいですよね。

実は私にもとても頼りになる友人がいます。

彼女には公私ともに
かなり支えてもらっています。

冷静でしっかりしていて
バシッと自分軸もあって、
それでいて情も厚くとても頼りになる友人です。

私が困っている時には
損得抜きで助けてくれる人です。

そんな関係を築ける友人が一人でも二人でも
いてくれると本当に幸せだと思いますし、
私も友人にとってそんな存在でありたいと思います。

ありきたりな言葉にはなりますが
やはり一番は「信頼関係」ですものね。

もちろん、クライアントさんとの関係も
そのひとことに尽きると思っていますので、
これからもその期待を裏切らない
自分で居続けたいと思っています。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
 
    ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:10| Comment(0) | ├ 相談相手