2016年08月04日

理不尽な離婚要求への対処の仕方  

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。


つい先日のことです。

切羽詰まった様子のクライアントさんから
カウンセリングの予約が入りました。

彼女の切羽詰まった相談というのは
「夫から期限を切られて離婚を迫られている」
というものでした。

しかもその期限まで
あと数日しか時間がないとのこと。

しかし彼女のお話をお伺いすればするほど
夫の離婚要求はなんとも理不尽なものだったのです。

そこで私は彼女に以下のような
アドバイスをさせていただきました。


1.夫が勝手に決めた離婚期限に応じる必要はないこと。

2.夫の脅しにひるまず堂々と
これまでどおりの生活をしていればいいこと。

3.夫の親や弁護士等の法律専門家が入ってきたとしても、
こちらに非がない以上何も心配はいらないこと。

4.仮に離婚調停になったとしても
妻の承諾がなければ離婚は成立しないのだから、
調停を恐れる必要はないこと。

5.経済的自立を考えて今から
できる行動をとっていくことこと。

6.四面楚歌のように思える状況でも
味方になってくれる人は必ずいること。

7.仮に離婚に応じるにしても
そのタイミングは自分で決めればいいこと。


おおよそこんなところです。

1時間半ほどじっくりお話をした後、
彼女は不安な気持ちが取れたようで
笑顔で帰って行かれました。(^^)


実は今回のような話は割とよくあるんですね。

夫からの理不尽な離婚要求

そしてこの背景には
夫が隠しているある秘密があるのです。

その秘密とは、「夫の不倫」もしくは
「夫に気になっている人がいる」ということ。

もちろん絶対にそうだということではありませんが、
かなりの確率で当たっている場合が多いです。


こんな時夫は、
あたかも妻にすべての責任があるかのように
理由をつけて離婚を要求してくるのですが、
不倫や気になっている人がいる時に
よく見られる変化が表れていることも多いです。

その変化とは、例えば、

○帰宅時間が遅くなった
○携帯を肌身離さず持ち歩いている
○見え透いた嘘をつく
○趣味や嗜好が変わった
○見た目や身なりを気にするようになった
○ダイエットや筋トレ、ジム通いを始めた


などです。

だからそんな時は
夫の身勝手な離婚要求に押し切られることなく、
まずは冷静に夫を観察してみてください。

そして理不尽な離婚要求であるのなら、
「離婚には応じられない」「離婚したくない」と
自分の意思をはっきり、きっぱり伝えましょう。

その上で、夫の次なる行動に応じた
対応をとっていけば大丈夫です。


夫からの離婚要求が激しい時には
何が正しくて何が間違っているのかさえ
わからなくなるほど
精神状態が不安定になるものです。

だからそんな時は専門家の意見を聞くなどして
現状や気持ちを整理していくといいですよ。犬

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:45| Comment(0) | ├ 離婚原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。