2013年05月29日

性格の一致よりも大切なこと

こんにちは。

「夫婦問題きちんと塾」
La・フロコリールの貞松綾子です。

離婚理由といってもいろいろありますが、
その中で最も多いとされているものが
「性格の不一致」です。

全離婚原因のうち、
男性の6割以上、女性の4割以上が
「性格の不一致」を原因とした離婚だ
と言われています。

でも、そもそも
自分と性格が一致する人なんているのでしょうか?
 
どんなに性格が自分と似ている・・・と思っても、
完全に一致する人なんていないはずです。

当たり前ですね・・・(^^ゞ

だから結局のところ、
この「性格の不一致」という言葉の根底にあるのは、
夫婦の価値観の違いや生活習慣の違いなど
「お互いの感覚のズレ」が積み重なった結果
だと思うんですね。

また、
自分と性格が一致する人、
感覚が同じ人なんていないわけですから、
その点は「違って当たり前」という前提で
考えていかないと、
結婚生活という共同生活においては
うまくいくはずがありません。

そんなことより
夫婦が家庭生活を共にするうえで大切なことは
「生活習慣」を一致させること
互いがその努力をすること
なんですね。

結婚して、
今まで全く違う人生を生きてきた二人が
生活を共にすることになれば、
「こんな面があったなんて・・」とか、
「このやり方だけはできない・・」
「どうしていつもこうなんだろう・・」など、
お互いに「驚き」や「譲れない思い」
が出てきて当然
なんです。

とはいっても
この「生活習慣の違い」が曲者なのですが・・・

これもお互いが
「折り合っていく心」を持つしかないと思います。(^^)

自分の性格を変えて相手に合わせることよりも、
「生活習慣」を折り合っていくことのほうが、
少しはハードルが下がるかな?
なんて思っています。(^^ゞ

みなさんはいかがですか?

夫婦問題 カウンセリング 福岡
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:50| ├ 離婚原因