2013年07月24日

正しさに固執しない

こんにちは。

離婚・浮気問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

昨夜はとてもきれいな満月でした。

夜11時頃
愛犬を散歩させながら
いつもより美しく輝いていた満月を
何度も見上げては
うっとりしてしまいました。(^^)

ま〜るい形って
見ているだけで
なぜか優しい気持ちに
なるので不思議です。

そう言えば昨日、
1か月ほど前に相談を受けた方から
嬉しいお電話をいただきました。

「民事調停で相手方と和解ができました。
先生のアドバイスのおかげです!」
というご報告です。

彼女には、法律的な視点から
アドバイスをさせていただくのと同時に、
「相手の感情に配慮した対応」
お伝えしていたんですね。

その対応がよかったようです。

調停期日のたびに
相手に理不尽な要求をされるなど、
これまでかなり疲弊していた彼女でしたが
なんとかお互い譲歩し合って和解に至ったことを
とても嬉しく思いました。(^^)

正に、昨夜見た満月のように
「まるくおさまった」わけです。

当たり前ですが
人間には「感情」があります。

だから
理屈や法律、正論を
どれほど言ったところで、
相手は「折り合おう」という気には
ならないんです。


夫婦間のけんかでも同じことがいえます。

どちらが正しいのか?
にこだわり続けても、
そこから得られるゴールは
あなたが望むものではないことが多いのです。


だから
夫婦が折り合いながら
円満に過ごしていくためには、
「正しさに固執しない」ほうが
うまくいくことも多いということなんです。(^^)


お申し込みはこちらをクリック↓
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 07:48| ★ 夫婦円満

2013年07月23日

犬に学ぶ愛情表現?

こんにちは。

離婚・浮気問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

親バカですが
我が家にはかわいいワンコが2匹います。

どうして私がこの2匹を
こんなにかわいいと
思ってしまうのか?

ふとそんなことを考えました。

まずは見た目。
2匹とも胴長短足です。

歩き方やしぐさが
たまらなくかわいい。(^^)

でも、それ以上に
2匹をかわいいと思ってしまう
強力な理由があります。

それは
「いつでも私のことを大好きで
いてくれる」
からです。

犬の愛情表現は
いつも全力でストレート。


私のことが大好きなので
吠えて、騒いで、飛びついて・・・
とすごいんですね。

ここまで「好き好き〜!!」と
来られると
かわいくてたまらなくなります。

実はこのこと、
妻の夫に対する愛情表現としても
使えると思うんです。

もちろん
日常の夫婦関係によっては
わざとらしくなって逆効果になることも
あるかもしれませんが・・・。

とは言え
程度は考えてするにしても、
「好き好き」オーラを出されて
嫌な気分になる夫も
そんなにいないですよね。(^^)

私も、愛犬2匹の「素直さ」
見習いたいと思います!

「かわいい」と思う気持ちは
犬も人間も同じで
やはり「性格」からです!

夫に「かわいい」と思われて
愛されるためには
ちょっとした気持ちの伝え方を
工夫するといいですよ。


あなたなりの愛情表現を
是非考えてみてくださいね。(^^)

お申し込みはこちらをクリック
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 08:06| ★ 夫婦円満

2013年06月20日

夫の欲求A〜ほめられたい

こんにちは。

「夫婦問題きちんと塾」
La・フロコリールの貞松綾子です。

今日は、夫の欲求そのAについてです。

夫の欲求そのA

「ほめられたいという欲求」

人は誰でも
他人から自分の価値を認められ
ほめられたいと思っていますが、
男性は、女性よりもはるかにその欲求が強い
と言われています。

そして
夫が一番ほめられてうれしい相手は、
愛する妻だといいます。

ここでいう
「ほめる」とは、「おだてる」とか「甘やかす」
というような意味ではありません。

過剰にプラス評価をするのではなく、
あくまで「正当な評価」をして「ほめる」
ということです。

では
夫は妻に自分のどんなところを
誉めてほしいと思っているのでしょうか?

例えば
夫の仕事ぶりや技術、
仕事上の信頼性、
決断力、勇気、優しさ・・・
他にもいろいろあるでしょう。

その中でも特に
夫は自分の中の「男らしさ」をほめられたい
と思っているのです。

あなたの夫の「男らしい」ところを
ちょっと考えてみて下さいね。

「そんなの見つからない!」と思う方は、
過去にあった出来事を
思い出してみてくださいね。

そして
夫の素晴らしいところを
紙に書き出してみてください。

全くない・・・なんてことは
ないと思いますよ。(^^ゞ


それでは最後に、
ほめる時のポイントをお伝えしますね。

○夫の「具体的な行動」をほめること

○ほめる時は、時間をあけず「すぐに」ほめること

○ちゃんと「意思が伝わるように」ほめること

○「心から」ほめること


せっかくほめたのなら、
その気持ちが夫にちゃんと
伝わっていなければもったいないです。(^^)

よかったら
このポイントを意識して
みてくださいね。


夫婦問題 カウンセリング 福岡
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 15:13| ★ 夫婦円満

2013年06月17日

夫の欲求@〜あるがまま受け入れてほしい

こんにちは。

「夫婦問題きちんと塾」
La・フロコリールの貞松綾子です。

今日からひとつずつ
夫の欲求について詳しく
みていきたいと思います。

夫の欲求その@

「あるがままの自分を受け入れてほしい」について

ここでいう「受け入れる」とは、
夫が自分と同様に長所も欠点も持っている人間だ
と言うことを認識することです。

妻は、夫の欠点を見つけると、
夫をなんとか変えようとしてしまうものです。

では、なぜ
夫をコントロールしたがると思いますか?

それは
そうすることが「自分にとって利益になる」
からなんですね。

夫の欠点によって
自分の生活に支障が生じ、
自分の思いどおりにならないから、
だから夫を変えたい!と思う
のではないでしょうか?

例えば
あなたはきれい好きなのに
夫がだらしなく散らかすタイプの場合、
夫に整理整頓のできる人間に
変わってもらわなければ
あなたが困るわけですね。

だから夫を変えようとして、
批判したり、
小言を言ったりします。

でも
なかなか夫は変わりません。

なぜなら
夫には「自分の意思で変わりたい」という
男性としての本能があるから
です。

つまり
男としてのプライドがあるわけですね。

妻に言われたから変わった・・・
では納得いかない部分があるわけです。

だから
夫に変わって欲しかったら、
夫を変えようとするのではなく、
欠点も含めあるがままの夫を受け入れて、
あなた自身が変わるほうが早いんですね。


夫が整理整頓が苦手なら
整理整頓が得意なあなたがやる、
ということです。

そんなの
不公平じゃない!

なんで私ばっかりがやらなければ
ならないの?

でもこれは、さっきの例で言うと、
「整理整頓」に関しては
「得意な」あなたがやっただけのこと。

他のことになれば、
逆もあり得るわけですよね。

あなたが苦手で、夫が得意なこと。

どんなことがありますか?

いずれにせよ、
夫は、あるがままの自分を受け入れてもらえた
と感じたら、今度は
「自分の意思で」妻であるあなたの要求に
応えたいと思うのです。


だから
考え方を少し柔軟に変えてみること、
このことがいい結果を呼び込むことに
繋がっていくのです。(^^)

試しに一度やってみませんか?

夫婦問題 カウンセリング 福岡
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 18:05| ★ 夫婦円満

2013年06月16日

夫の6大欲求とは?

こんにちは。

「夫婦問題きちんと塾」
La・フロコリールの貞松綾子です。

もしあなたが、
夫婦関係を心地よいものにしたい・・・
夫に愛される妻になりたい・・・


と思うなら、
まずは夫のことを理解することから始めてください。

夫の妻に対する欲求で代表的なものが6つあります。

それは、

1.あるがままの自分を受け入れてほしいという欲求

2.誉められたいという欲求

3.男としてのプライドを傷つけられたくないという欲求

4.夫の立場にのしかかる重荷について、
思いやりを持って理解されたいという欲求


5.妻にとって一番大切な存在でありたいという欲求

6.妻子の導き手・守り手・養い手として、
必要な存在であり続けたいという欲求


つまり、
夫は、「自分が受け入れられ、制約がなくなり、
尊敬され、理解されていると感じると、
妻に対して、愛と優しさをもって応えてくる。」

ということですね。

妻として
夫のこれらの欲求を理解しておくことは、
心地よい夫婦関係を作る上で
重要なことだと思います。

夫がどんなことを望んでいるのか?
夫に愛される妻になるにはどうしたらいいのか?

参考になるのではないでしょうか?(^^)

夫婦問題 カウンセリング 福岡
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 09:00| ★ 夫婦円満

2013年06月12日

夫の長所と短所の見方

こんにちは。

「夫婦問題きちんと塾」
La・フロコリールの貞松綾子です。

「結婚する前は両目を大きく開いて見よ。
結婚してからは片目を閉じて見よ。」


この言葉、
聞いたことがあるかもしれませんね。

結婚式のスピーチなどでも
よく用いられる言葉です。

そこで
改めてこの言葉の意味を考えてみました。

この言葉の意味は、

「結婚する前には、
しっかりと両目を開けて相手の長所も欠点も、
よく見ることが必要だけれど、
結婚したら、片目を開けて相手の長所をよく見て、
片目を閉じて相手の欠点を見ないようにすれば、
お互い仲良くしていける。」


ということですよね。

思い返せば、私も、
結婚したての頃はまだまだ未熟で、
「両目をこれでもか!というくらい見開いて」
夫を見ていたことがありました。(^^ゞ

でも今は、
できるだけ夫の「長所」を
両目で見るように心がけています。

このように意識して過ごしていると、
私にもいいことが増えてきたんですね。

それは
夫も同じように私の「長所」を
見てくれるようになった
ということです。(^^)

そして
「欠点」については
片目を閉じて見ないように心がけて、
もし見えてしまったら
そこを私が補えないかな?
というふうに考えています。

誰でも完璧ではないので
「欠点」はあります。

私にも、たくさんあります。

でも
夫婦がお互いに相手の欠点を
補い合うことができたら

欠点はなくなって
お互いに助かると思いませんか?

そうやって生きていけるのが、
夫婦のメリットでもあると思うのです。

夫婦問題 カウンセリング 福岡
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 09:20| ★ 夫婦円満