2016年05月19日

幸せになる心の準備はできていますか? 


こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。


先日、久しぶりにクライアントGさん(仮)が
カウンセリングに来て下さいました。

Gさんがセルフリメイクプログラムを
終了されて約3か月。

夫と円満離婚してから約4か月になります。

久しぶりにお会いしたGさんは
とっても女性らしくなっておられました。

元々チャーミングなGさんでしたが、
服装や髪型、そして何より
Gさんの全体的な雰囲気に
やわらかい「女性性」を感じたんですね。

「おや?この変化は一体・・・」

Gさんのお話をお伺いする前から
私の中で勘が働きます。(笑)

Gさんが今とてもいい流れの中に
いることはすぐにわかりましたし、
良い変化があったことも感じました。

そしてGさんの口から出た言葉が、
「いいなと思う人ができました」
というものだったんです。


「いいなと思える人ができたこと」

これはGさんにとって
すごく自然なタイミングでした。

「離婚すべきか?それとも
もう一度修復の努力をすべきか?」

迷いながら何年もモヤモヤとした
日々を過ごしてきたGさんでしたが、
セルフリメイクプログラムをきっかけに
気持ちを整理することができ、
前向きな気持ちで離婚を決断し
人生の再スタートを切ることができました。

自然な形で自然なタイミングで
新しい出会いが訪れたこと。

これは
Gさんの気持ちが整っていたからです。

幸せになる
心の準備ができていたからなんですね。

ココ、とっても重要です。ひらめき


幸せは

自分の心が決めること
自分の心が感じること


ですから、
まさに「自分自身の問題」です。

だからどんな環境にあっても
自分が幸せになることを
自分が自分に許可できていなければ
幸せにはなれないのです。

幸せになる心の準備ができていないうちは
幸せを受け取ることができないのです。


「離婚したら、それこそもう一生
幸せになれないのではないか・・・」

そんな不安に苦しめられている方も
いるかと思いますが、
決してそんなことはありません。

実際に離婚後にもっと大きな幸せを
手に入れた人はたくさんいます。

結局のところ、
離婚した後に幸せになれるかどうかは
「自分自身の問題」なのです。

幸せはいつだって
自分の心が決めるものですから、
自分で引き寄せることができるのです。


さてあなたは今、
幸せになる心の準備はできていますか?

幸せになれる自分のことを
ちゃんと信じることができていますか?

ココ、とっても重要ですよ。犬


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 16:24| Comment(0) | ★ 離婚

2015年10月05日

離婚に応じない私が悪いのでしょうか?

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

最近は
すっかり秋らしくなってきましたね。

天気が良く涼しい日が多いので
とても過ごしやすいです。

春と秋は気候がいいので
愛犬2匹を連れて自然の中に
遊びに行くことも多く、
私自身もとても満たされます。

心と身体をしっかり休めて
充電すること、大切ですね。犬


さて、夫が不倫をした後
妻の意思に反して勝手に家を出て行き
別居生活が始まることはよくあります。

この時、夫にも言い分や事情があるとはいえ、
残された妻が今後の生活に
大きな不安を感じるのは当然です。

特に子供がまだ幼く妻が働いていないとか、
働いていても家計を維持できるほどの
収入がないような場合には、
まず「生活費の確保」が問題になってきます。

しかし夫によっては
妻に対して離婚を要求してくるだけで、
夫として、また親としての責任を
完全に放棄してくる人もいます。

「離婚すれば子供の養育費は払うが、
離婚に応じないのなら生活費は渡さない」

といったような主張ですね。

なんとも身勝手な発言です。

そしてこんな時は
夫がかなり「強気」に出てくることも多く、
生活費の件で夫と何度かやり取りをしているうちに
妻に「ある思い」が芽生えてくることがあるのです。


その思いとは、
「生活費を要求して、離婚に応じない私の方が
間違っているのかな・・・」

というものです。

これを聞いて
「そんなことない!」と思ったでしょうが、
何度も夫に言いまかされる状況が続いている
妻としては、「私が間違っているのかな?」
というような感覚になってしまうのです。

こうなったのは「おまえが悪い」
「おまえのせいでこうなったんだ」と
夫から何度も責められていますので、
妻としては「私が悪かったんだ」
「私が夫を苦しめているんだ」と
思うようになるわけですね。


夫婦間の問題で
どちらか一方が全面的に悪い、
ということはありません。


そして、不倫をして勝手に家を出て行き
その後夫が自らの責任を放棄して
生活費を支払わないという問題と、
不倫が起きた原因がどうだという問題とは
全く次元が別の話なのです。

だからこんな時には、
冷静に判断していかなければなりません。


夫婦はお互いに扶養義務があります。
また、同居義務もあるのです。

もちろん、不貞行為をしてはならない
ということも当然です。

そして生活費の問題はまさに
夫婦の扶養義務の問題です。

ですから、
「払いたくないから払わない」
「離婚に応じるまでは払わない」
ということはできないのです。


先日カウンセリングにこられた
クライアントSさん(仮)もそんなご相談でした。

以下、Sさんの承諾をいただき
感想をご紹介させていただきます。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

先日のカウンセリング、
ありがとうございました。

貞松さんに
「こういう事例は本当に腹立たしいです」と
ご自身のことのように言ってくださった一言に
すごく勇気をいただきました。

正直、私はなにもしてないはずなのに
(仕事にかまけて家事がおろそかに
なっていたことは認めますが…)、
加害者のような気持ちになるんだろうと
漠然とした不安でいっぱいでした。

でも貞松さんに、
夫はなんの責任も果たしていないと
言っていただいたことで、
ストンと何かが合致した気持ちになりました。

小さな盾しか持たず怯えていたところに、
強力な援護をもらったかのようでした。

こんな夫ですが、
やっぱり大切な存在なのでしょうね。

嫌われたくない、
少しでも好意を持っていて欲しいという
気持ちが夫の圧力に完全に
押し負ける形になるところでした。

もう少し先は長いですが、
貞松さんにいただいた光を頼りに
子どもたちを護るべく
奮闘していきたいと思います。

また、お力添えをいただくと思いますが、
その時はまた宜しくお願い致します。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


夫とのやり取りの中で
自分を見失いそうになる時もあると思います。

そんな時には
今抱えている問題や現実を
「冷静かつ客観的に見る」ことが大事です。

そうすれば、自分の心を整えて、
今できることを精一杯やっていけますからね。

Sさんにも「今やるべきこと」
具体的にアドバイスさせていただきました。

幼い子供を複数かかえながらの生活は
それだけでも大変なことです。

だからこそ、
目の前の問題を解決するために
まずは気持ちを強く持っていきましょうね。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・

☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
  
    ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:39| Comment(0) | ★ 離婚

2014年08月18日

切羽詰まった離婚問題への対処の仕方とは? 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

今日は朝4時半に起きて
日帰りで大阪に行ってきました。新幹線

セラピストの勉強に行ったのですが、
新幹線と地下鉄での移動に約7時間、
移動だけでちょっと疲れてしまいました。(^^ゞ

さて
夫からの離婚要求が激しい時には、
妻側がどんな対応をとろうと
夫のペースで事態がどんどん
変化していくことがあります。

そんな時は
妻は自分の気持ちを整えるだけでも
とても大変なのに、それに加えて、
変化していく事態に臨機応変に対応
していかなければならず、
精神的にかなり疲れてしまいます。

こうなってくると、
心理的な側面に加えて現実的な側面も
併せて考えておくことがとても重要です。

具体的には、
将来への不安な気持ちを少しでも軽くするために、

@もしもの時の「最悪の事態」を想定し、
そうなった場合にはどうするのか?

A実際に今はどう対応していけばいいのか?


この2つの視点からしっかりと考えていく
必要があるのです。目

しかしこんな時は、
不安な気持ちから焦ってしまうことも多いです。

だけどそれは仕方がないこと。

気持ちが焦ってしまい、
どうしたらいいのかわからなくなったら
信頼できる第三者に相談してみるといいと思います。

「客観的な視点」で問題をみることは、
当事者ではなかなか難しいですからね。

また、このように切羽詰まった時ほど、
焦って行動に出てしまっては逆効果なんです。

ここで適切な対応をとることが、
その後の展開に大きな影響を与える
ことも多いですからね。

クライアントさんの中にも
切羽詰まった状況が続いている方も
いらっしゃいますが、
それでも「今できるベスト」を尽くして
精一杯頑張っておられます。

私はそんなクライアントさんの
力になれれば幸いです。(^^)

『臨機応変に対応していく力』

ここは
司法書士実務で充分鍛えておりますので、
私でよろしければ
お気軽にご相談下さいね。(^_^)/



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 19:14| Comment(0) | ★ 離婚

2014年08月09日

離婚したい夫の最終攻撃とは? 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

夫からの離婚要求に妻が応じない
という関係が長く続いた場合に、
どうしても離婚したいと願う夫がとる
行動のひとつに「兵糧攻め」があります。

「兵糧攻め」というのは
離婚問題で例えるならば、
「妻に生活費を渡さないことで
離婚に応じさせようとする」

ということですね。

もちろんこれは
二人の関係性、離婚問題の紛糾具合、
夫の性格、周囲の助言等にもよるのですが、
経済的な実験を握っている夫が
最後の最後で仕掛けてくる攻撃です。

具体的には、
給与の振込口座を変更してみたり、
自分名義の預金を移し替えたりします。

こうなってくると
妻がどんなに正当な事を言っても
全く聞き入れないことが多いです。

夫婦でいる限りは当然に
「扶養義務」があるのですが、
そんなことはおかまいなしなのです。

そこで妻としては
「婚姻費用分担調停」の手続きをとる
ことになっていくのですが、
実際はこれも妻が納得のいく内容に
なることはあまり多くありません。

しかし
やらないわけにもいきませんので、
まずはいくらかでも生活費を確保することを
第一に考えるしかないんですね。

そしてその上で
今後の展開も想定して、
妻自身が経済的に自立した生活が送れるように
仕事を見つけるなどの行動を
起こしていくことが必要です。

私は、クライアントさんで
このようなリスクがある方の場合には、
ご相談を受けた早い段階から
「経済的な自立」のためのアドバイスを
させていただくことも多いです。

最終的に
夫と離婚するにせよ、しないにせよ、
妻自身に経済力があるのとないのとでは
その自由度が随分と違ってきます。

そして
夫からの「兵糧攻め」があった場合にも
落ち着いて対応できるように、
早い段階から準備をしておくことが重要です。

夫との関係をどうこうする以前に、
まずは生活をしていかなければなりません。

自分勝手な夫の言動に
心が折れそうになる中、
やっていかなければならないのです。

だけど
行動すれば結果もついてくるものです。

だから
現状を悲観するのではなく、
自分の力を信じて一歩踏み出していくことを
考えていきましょう。

そして
不安な時は早めに弁護士や司法書士など
専門家にご相談してくださいね。(^^)

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 16:59| Comment(0) | ★ 離婚

2014年07月11日

夫から離婚調停を申し立てられたら・・・

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

今日は珍しく?
実務的な記事を書いてみたいと思います。(^^)

夫から離婚要求を受けている場合に、
夫婦間で話し合いがまとまらないときには、
次なる策として、夫が離婚調停の申立てを
してくることがあります。

夫としては早く離婚を成立させたいわけです。

だから
妻に対して離婚要求を繰り返していたのですが、
離婚に納得がいかない妻が要求に応じない場合には
今度は裁判所を使って離婚の話を進めようと
考えるわけですね。

夫自身が自分で思いつく場合もありますが、
親や友人など、周囲からアドバイスされることも
多いように思います。

私のクライアントさんの中にも
ある日突然、裁判所から離婚調停の呼出状が届いて、
驚いて相談に来られる方もいらっしゃいます。

しかも
夫とは別居中ではなく、
一つ屋根の下で暮らしていることも・・・。(^^ゞ

そんな時は
まずは事実関係を確認して、
調停について詳しくお話させていただいています。

裁判所に行く・・・というと
どうしても「裁判」のイメージが強いと思うんですね。

そうすると

・いったい何を聞かれるんだろう・・・
・私はどう対応したらいいんだろう・・・
・夫が嘘ばっかり言ってきたらどうしよう・・・
・うまく答えられなかったら不利になるのかな・・・
・私が悪者にされるのかな・・・
・離婚させられるのかな・・・


など、いろんなことを不安に感じるかもしれません。

そして
情報を得るためにインターネットなどを使って
いろいろ調べるかもしれませんね。

すると
いろんな人がいろんなことを書いています。

調停には弁護士をつけなければ不利になる、とか、
調停委員に気に入られなければ離婚の方に傾く、など
私からしたら???と思えるようなことも
たくさん書いてあります。(^^ゞ

調停は裁判とは違い、あくまでも
「話し合い」で解決を図ろうとするもの です。

ですから究極のところ、
話し合いがまとまらなければ調停はまとまらない、
ということなんですね。

また、裁判ではありませんから、
事実関係を白黒決着つけることが目的でもありません。

離婚調停であれば
「夫婦が離婚する」ということに関して、
お互い合意ができるのかどうか?
ということが最大の問題になるのです。

ですから、
もし夫が離婚調停を申し立ててきたとしても、
充分に対応はできますので、
必要以上に不安を感じなくても大丈夫ですよ。(^^)

もちろん
内容は個別に判断しなければなりませんが、
そういったことも含めて、
夫との今後の関係をどうしていくのか?
を考えていきましょう。

私の場合は
司法書士としての実務の知識・経験もありますので、
心理的な面はもちろんのこと、
現実的な面でのサポートも充分できると思っています。

先日、調停の期日を迎えられた
クライアントのNさんから、
「思ったより緊張せずにうまく話せました。」と
お電話をいただきました。

Nさんとは事前にしっかりと打ち合わせを行い、
Nさんが不安に感じていらっしゃることを
前もって解消しておいたことが
よかったのではないかなと思います。(^^)

夫との関係修復を望んでいたとしても、
いつ何が起こるかはわかりません。

だけど
何が起こったとしても、
その時その時に冷静に判断をして
ベストを尽くしていくしかないのです。

今の自分にできるベストを尽くすこと。

これはどんな時にも必要ですね。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

☆インナーチャイルド癒しのセッション
モニターさんを募集しています!


今のあなたに制限をかけている原因が、
あなたの幼少期にあるかもしれません。

お申込み、お問い合わせは
メール(info@flocorir.com)もしくは
お電話(092-407-7955)にてお願いいたします。(^_^)/



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:33| Comment(0) | ★ 離婚

2013年11月14日

共通する感情

おはようございます。
貞松です。

最近、なぜか夜9時を過ぎると
眠くなってしまいます。

朝起きる時間は変わらないのに
不思議です。

でも、夜9時で眠いとは・・・
いまどき小学生でも起きている
時間ですよね。(^^ゞ

私が小学生の時は
親から夜9時には寝るように
うるさく言われていましたが・・・。

さて、
夫から離婚を切り出されたときに、
夫は「離婚したい」と思い、
妻は「離婚したくない」と思ったとします。

この2つの考えを比べると、
「離婚したい」と「離婚したくない」ですので、
相反する気持ち
に見えますが、
実はこの2つの気持ちの「根っこ」
意外と同じだったりします。犬

「離婚したい」という夫の気持ちの
根っこになっていることは、

・妻には自分が求めているものがない
・今の家庭は自分が理想とする
家庭としては不十分だ


という気持ちです。

それに対して
「離婚したくない」という妻の気持ちの
根っこになっていることは、

・夫がいない生活は自分にとって
満たされない
・夫がいない家庭は不十分だ


という気持ちです。

つまり、
相反するように見える気持ちでも、
その根っこにある感情は
「欠乏感」とか「不十分さ」
であるといえます。

そしてこれらの
「欠乏感」や「不十分さ」から
自分の身を守ろうとして
相手に要求をしてしまいます。

このように、
一見反対のことを言っている
ように思えることでも、
自分の感情の根っこにある感情と、
夫の感情の根っこにある感情との
「共通点」を見つけてみると
実は同じ感情から発生していた
ということに気づくことがあります。目

そして
そのことがわかれば、
どうやったら共通の感情を
満たすことができるのか?

ということを考えていけば
何らかの答えを出せるんですね。(^^)

夫のことを深く考えてみると、
自分が抱いている感情と同じ感情を
夫も抱いているかもしれません。

もしそうだとしたら、まずは
「お互いの感情を伝える」ところから
コミュニケーションを始めて、
そこからお互いが合意できる点を
見つけてみるといいですよ。(^^)

福岡 夫婦問題 離婚 カウンセリング
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 06:06| Comment(0) | ★ 離婚