2015年11月05日

夫ですべてを満たさなくていい                   

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

最近すっかり寒くなってきましたね。

自分なりに気を付けてはいたものの
少し風邪を引いたようです。あせあせ(飛び散る汗)

といっても「風邪気味」レベルですから、
今のうちにしっかり寝て、食べて、
今週は無理せずゆっくり過ごしたいと思っています。


さて、かつての私と比べると今の私は
夫に対して不満やストレスを感じることが
随分と少なくなってきました。

自分で言うのもなんですが
かなり穏やかな心持ちで夫に接する
ことができるようになったんですね。

夫に対していつも不満タラタラで、
「どうしてこうしないんだろう?」
「もっと○○だったらいいのに」
「私には合わないんじゃないか・・・」
など、常にストレスを感じてきた私でした。

それが今思えば、「あること」を手放してから
夫に対しておおらかに接することが
できるようになったんですね。

その「あること」とは・・・

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
夫ですべてを満たそうとすること
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

です。

これは言い換えれば、
「自分の理想の夫像」
夫を合わせていくことだとも言えます。

つまり、自分の欲求のすべてを
夫という「一人の人間で」
満たそうとすることなんですね。

これはどう考えても無理がありますよね。(^^;


自分の夫が、

思いやりがあって、愛情深くて
寛大で、心が広くて
明るくて、人当たりがソフトで
社交的で、友達が多くて
話が面白くて、一緒にいて楽しくて
頭が良くて、仕事ができて
機転が利いて、気遣いができて
真面目で、計画性があって
自分の世界を持っていて
決断力があって、リーダーシップが取れて
向上心も高くて、いつも前向きで
周囲の人から尊敬されて
偉ぶることなく謙虚で・・・

ここまで書いて・・・息切れしました。(笑)


このように、「こうだったらいいのに」
と思うことを挙げればきりがありません。

結婚してからしばらくの間
私が夫に不満タラタラで
夫の悪いところばかりに目がいっていたのは、
要するにこういうことだったのです。


夫ひとりであなたのすべての欲求を
満たすことはできません。

夫はあなたの理想の夫になる必要もないですし、
夫は夫らしく生きて行けばそれでいいのです。



そして、あなたには夫以外の人間関係も
たくさんあると思うんですね。

友人関係、師弟関係、親子関係
仲間、同僚、先輩後輩・・・

そういったいろんな人間関係の中で
自分自身を満たしていくことができれば
それで十分です。


私は仕事の話をするのが好きなのですが、
私の夫は趣味や自分の好きな世界の
話をするのが好きなのです。

以前はこのことにも不満を感じていましたが、
今は同じような価値観を持った友人と
思いっきり仕事の深〜い話をすることで
私は十分に満たされています。

そしてその分、夫に対しても
余裕をもっておおらかな気持ちで
接することができているのです。


あなたの夫にはあなたの夫にしかない
良さや魅力があると思うんですね。

そしてそこにあなたは
惹かれたのではないでしょうか?

だとしたら、
そこさえあればそれでいいのです。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
夫ですべてを満たすことはできませんし、
夫ですべてを満たす必要もないのです。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


このことが腑に落ちてわかった時、
少し気持ちが楽になると思いますよ。


それといつもお伝えしておりますように、
「自分を満たすことができる自分になること」
ここが一番の肝ですね。

自分一人でも十分に満たされる。
他者も一緒だともっと満たされる。

そんなイメージです。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
    ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:42| Comment(0) | ├ 夫婦円満のコツ

2015年07月06日

夫婦関係〜「我慢ではなく工夫する」と捉えてみましょう! 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

最近、約30年ぶりに
「短歌」を作りました。(笑)

今月、勉強会仲間と合宿に行くのですが、
その時の課題が「短歌」を作ってくること
だからです。

短歌と聞いても、
「5・7・5・7・7」の決まりがあること
くらいしか知識がなかった私は、
一首作るのにもかなり苦労しました。(^^;

とはいえ、実際にやってみると
なかなかおもしろかったですよ。

他のメンバーがどんな短歌を作ってくるのか
それを聞くのも楽しみです。


さて、夫とストレスのない関係性を築くためには、
「我慢する」のではなく「工夫する」
という考え方が役に立ちます。

例えば、夫の言動で嫌だなと思うことがあった場合には、
まずは夫に「嫌だ」という気持ちを伝えますよね。

もしここで、「夫に嫌われたくないから
言いたいことを言えない・・・」という場合には、
まずはそこから見直していく必要があります。

○なぜ夫に嫌われることを極度に恐れているのか?
○その根っこにある感情はどこからきているのか?


ということを掘り下げていく必要があります。
(今日のブログではそこはカットします)


そして、夫に「嫌だ」という気持ちを伝えても
夫が相変わらずその言動をやめてくれない場合には、
無理やり夫を変えることはできませんから、

仕方なく「我慢する」か、自分なりに「工夫する」か
のどちらかになります。

さて、あなたは夫との関係で
「我慢すること」と「工夫すること」の
どちらの割合が多いでしょうか?


また、「我慢する」という言葉と
「工夫する」という言葉、
それぞれからどんな印象を受けますか?

・・・・・

せっかくですから
改めて意味を確認してみますと、

○我慢する・・・耐え忍ぶ、こらえる、辛抱する

○工夫する・・・良い方法や手段を見つけようとして
考えをめぐらすこと、またその方法や手段のこと

とあります。


もし、夫との関係で「私が我慢するしかない」と捉えると、
その我慢はストレスとして蓄積されていきまんか?

もちろん、そのストレスをうまく解消できていれば
問題はありませんが、
「いつも私ばっかり我慢して・・・」と
ストレスがたまってしまうと苦しいだけですよね。


一方、同じ状況でも、
「何か工夫できることはないかな?」と捉えると、
「自分のために前向きにできること」を考えますので
ストレスにはなりにくいのです。

また、工夫をするためには、
夫の性格、つまり夫という人間を
よ〜く理解しておくことが不可欠です。

夫の性格をよくわかっているからこそ
「こんな時は言いたいだけ言わせておこう」とか、
「いつもこうなるから先に○○しておこう」などと、
夫との関わり方を「自分なりに工夫する」ことが
できるというわけです。


このように「工夫するという視点」で捉えることは、
結局は自分のためにもなりますよね。

そして、自分がイライラすることなく
できるだけ穏やかな気分で夫に向き合うことができれば、
夫との関係もスムーズにいきます。

自分もパッピー
夫との関係もパッピー


という状況が作れるのです。


もちろん、いつも工夫で乗り切れること
ばかりではないと思います。

だけど、「我慢し過ぎ」は「いいことなし」ですから、
「何か工夫できることはないかな?」と
思考を転換させてみることが大切です。


ちなみにこれは私もやっていますよ。

特に母との関係では大いに役立っています。

夫との関係だけでなく、
すべての人間関係で役に立つ思考の転換です。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』

    ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:28| Comment(0) | ├ 夫婦円満のコツ

2015年04月23日

もし家庭がパワースポットだったとしたら・・・

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

春ですね〜るんるん

春は自分が生まれた季節ということもあり、
一年で一番好きな季節です。(^^)

最近はどこに行っても
色とりどりの花がいっぱい咲いていて、
見ているだけで心が満たされます。

美しいもの、かわいらしいものを見ると
それだけで癒される気がします。(笑)

さて今日のテーマは、
「もし家庭がパワースポットだったとしたら・・・」です。

私は先日、
宮崎の高千穂へ遊びに行ってきました。

高千穂は日本でも有名な
パワースポットとして知られていますよね。

私も高千穂に行って自然に触れ、神社巡りをすると、
気のせいかもしれませんが、
エネルギーが充電されて元気になります。

だから私にとって高千穂は大好きな場所ですし、
最高のパワースポットだと思っています。(^^)

ところで、あなたは
「パワースポット」にどんなイメージを持っていますか?

私のイメージは・・・

○心地よい
○温かい
○リラックスできる
○自然体でいられる
○癒される
○エネルギーを充電できる
○前向きな気持ちになる
○元気を取り戻せる


などです。(^^)

ここで今日のテーマになるのですが、
もし家庭がパワースポットだったとしたらどうでしょう?

自分にとっても、
夫にとっても、
子供にとっても、
『家庭』が『パワースポット』だったとしたら、
みんなが集まってくるのではないかと思います。

心地よさをもとめて、癒しをもとめて、
温かさをもとめて、エネルギー補給をもとめて
みんなが集まってくると思うのです。

義務感とか、嫌々ながらとか、
世間体とか、仕方がないからではなく、
「家が大好き」だから帰ってくるのです。

そんな家庭を作ることができたら、
きっと夫婦関係も親子関係も円満ですよね。

今、夫と一緒に暮らしている方、
事情があって別居中の方、どちらも同じです。

もしあなたが作っている家庭が
あなたにとっても、夫にとっても
パワースポットだったとしたら、
夫婦関係は必ずうまくいきます!
 

ということで、これから
夫婦関係を再構築していきたい方は、
是非一度『家庭』を見直してみて下さいね。

そして、家庭をパワースポットにするために
自分にできることは何か?
を考えていきましょう。

たとえ妻が仕事をしていたとしても、
やはり家庭を作る上で妻の役割は大きいです。

そういう意味でも、あなたの家庭が
家族みんなのパワースポットになるかどうかは、
あなたにかかっているのですよ。

どんな時も明るく前向きな視点をもって、
やれることからやっていきましょう!(^^)/

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
    
          ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:40| Comment(0) | ├ 夫婦円満のコツ

2015年03月26日

話が広がる質問をしていますか? 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

最近はいい天気の日が多く
春を感じますね。

福岡地方では、今週末〜来週にかけて
桜が満開になるようです。

ゆっくりのんびり散歩がてら
近所のお花見もいいですね。(^^)

さて、あなたは日常的に
夫とどんな会話をしていますか?

ここでいう会話とは、
直接顔を合わせて話すこともそうですし、
LINEやメールなどをとおして
話をすることも含みます。

夫婦の会話に広がりがある場合には
夫婦仲が良いことが多く、一方、
夫婦関係がギクシャクしていたり
冷めてしまっている場合には、
会話が広がっていかないことが多いです。

では、どうすれば会話が広がっていくのでしょうか?

これは、夫と会話をする時にどんな質問をしているか?
によっても大きく変わってきます。

あなたは夫にどんな質問をしていますか?


「質問」には大きく分けて2種類あります。

ひとつは「閉じた質問」です。

これは、質問された相手が「はい」か「いいえ」
だけで答えが済んだり、
ほんの数語で返答ができる質問のことをいいます。

端的にどちらか答えを聞きたい時や、
結果をハッキリさせたい時には
「閉じた質問」を使うと有効ですね。

そしてもうひとつは「開かれた質問」です。

これは、質問された相手が「はい」か「いいえ」
だけでは答えが済まない質問です。

例えば、「最近仕事でどんなことやっているの?」
「○○について私は○○と思うけどあなたはどう思う?」
などがそうですね。


このように「開かれた質問」をすることで
夫は自分が話したい内容を自由に選択できますし、
会話の中に妻が思いもつかなかった話題が出てきたりして
話が広がっていくというわけです。

さて、最近のあなたはと夫の会話を
思い出してみましょう。

会話は広がっているでしょうか?

もし会話が続かないようであれば、
夫への質問の仕方がまずいのかもしれませんね。

もちろん、夫婦のコミュニケーションは
会話だけではありませんが、
妻(女性)に比べてあまりしゃべらない
タイプが多い夫(男性)に対しては、
広がりのある会話ができるように
工夫をしていくことも大切です。

夫婦の関係性を良くしていく秘訣は、
日常の些細なことに工夫をしていくことです。


ちなみに、この2種類の質問については
夫との関係だけでなく
様々な人間関係で応用できますので、
関係性を深めていきたい相手に対しては
意識して「開かれた質問」を使っていくと
いいかもしれません。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:21| Comment(0) | ├ 夫婦円満のコツ

2015年02月02日

夫を理解するために必要な○○力とは?

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

昨日から2月がスタートしましたね。

2015年も早1か月が過ぎました。

年始に今年の目標を立てた方は
もうすっかり忘れてはいませんか?

目標を忘れないためには、
目標を意識しやすい工夫や環境作りも大切です。(^^)

さて、「夫婦の関係性を決める鍵」になるものは
何だと思いますか?

それは、「どのくらい相手のことを理解しているか?」という
「相手に対する理解度」です。

これは、結婚年数とはあまり関係がありません。

長い付き合いだから夫のことを
理解できているとは限らないということですね。

では、あなたは自分の夫のことを
どのくらい理解できていると思いますか?

また、結婚してこれまでに
どれくらい夫のことを理解しようと努力してきましたか?

・・・・・

もし、夫のことが理解できていなければ
夫婦のコミュニケーションがうまくいきません。

そして、コミュニケーションをとる上で欠かせないものが
夫に対する「観察力」です。

なぜ「観察力」が必要なのか・・・?

それは、夫に対する「観察力」があれば、
「夫がどんな心理状態なのか?」を知ることができますから、
自分がどのように関わっていけばよいのか
対策を考えることができるからです。


他にも、「観察力」が高まることで、
夫が口にしない夫の本心を察することができたり、
妻の関わり方によって
夫がどう変化したかがわかるようになります。

すると、その時または次回の
コミュニケーションに生かすことができますので、
夫婦関係がうまくいきやすいというわけです。

このように、夫に対する「観察力」を高めることで、
夫への理解は深まっていきます。


妻側から考えると、夫婦の関係性を決める鍵は
「夫に対する理解度」ということですね。

そして、夫を理解するためには
「観察力」を高めていくことが必要なのです。

あなたは
夫のことをよく見ていますか?
夫の話をよく聞いていますか?
夫の表情や声のトーンなどから感じるものはありますか?

五感を使って日々、
「観察力」を高めていきましょう。(^^)/

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:21| Comment(0) | ├ 夫婦円満のコツ

2014年12月01日

夫と私の距離について考えてみると・・・

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

今日から12月がスタートですね。

今月も忙しくなりそうなので、
やるべきことを書き出して目的を持って
1か月を過ごして行きたいと思います。

さて
あなたは夫と自分との「距離」について
考えたことがありますか?

私は結婚してからこれまで、
夫と自分の距離について
かなり考えてきたほうだと思います。(^^ゞ

二人の距離が近すぎると
お互いに相手のことがよく見えませんので、
ケンカをしたり傷つけあったりします。

一方で、二人の距離が遠すぎると
夫婦でいることの意味(温かさや安心感)を
感じることができません。

そこで
適度な距離を保つことが必要になってきます。

自分と夫との関係を改めて見直してみて、
必要に応じて距離をとったり縮めたりしながら、
二人にとって心地よい距離
見つけて行くことが大切です。

以前、ブログで「ヤマアラシのジレンマ」という
お話をご紹介させていただきました。

夫婦の関係性を考える上でも
とても参考になる話ですので、
改めてご紹介させていただきますね。(^^)

☆ヤマアラシのジレンマ
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

2匹のヤマアラシが寒さに震えていました。

寒さから互いを温め合おうと思い、互いに身を近づけます。

しかし、ヤマアラシの体には無数のトゲがあるのです。

近づけば近づくほど、お互いを傷つけてしまいます。

だったら傷つかないようにと離れますが、
今度は寒くてたまりません。

このままだと、凍え死んでしまうかもしれません。
そこで、ヤマアラシは試行錯誤を繰り返します。

傷ついては離れ、寒いからまた近づいては傷つき、離れる・・・

そんなことを何度も何度も繰り返すのです。
そして2匹は、ついに発見します。

互いを傷つけずに温め合うことのできる距離を。

こうして2匹のヤマアラシは、お互いにとって
ベストな距離を見つけ、幸せになりました。


─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

いかがでしょうか?

夫婦関係においても
この2匹のヤマアラシのように、
お互いにとってベストな距離を
見つけていく努力が必要です。

そして
この「ベストな距離」を保ちながら
夫婦関係を築いていくことができれば、
『お互いに自立した存在でありながらも、
夫婦として共に協力し合って生きていける関係』

を手に入れることができます。(^^)

あなたも是非一度、
夫と自分の距離について考えてみてくださいね。

【お知らせ】
12月3日、4日は東京出張のため不在です。
※4日の夜からメール等の対応が可能です。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆毎週(月)(水)(金)朝10:30に
無料メルマガを発行しています!


○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
          ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:44| Comment(0) | ├ 夫婦円満のコツ