2015年09月07日

相手の気持ちを「わかりたい」と思う気持ちが○○を作ります。

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

先日の勉強会仲間との懇親会でのこと。

あるメンバーから、
「夜眠れない時にどうやって眠りにつくか?
何か工夫していることはあるか?」

という質問がありました。

それに対する私の答えは・・・

「無理に寝ようとしない。
一日眠れなくてもたいしたことないから、
まぁこんな日もあるか、とあきらめる。」

でした。

すると
これを聞いたある男性メンバーから、
「いいね〜!男性性全開だね!」
と言われました。

そうなんです。

私は特にプライベートでは、
思考が男性性優位になりがちです。(^^;

とはいえ、
自分の中の男性性と女性性の
バランスをうまくとっていくのが
一番生きやすいと思っていますので、
そんな自分を目指しています。

ちなみに、あなたなら
この質問に何と答えますか?


さて、
夫の気持ちをわかりたい。
子供の気持ちをわかりたい。
○○さんの気持ちをわかりたい。
というように、

「相手の気持ちをわかりたい」と思うことは
誰にでもあることですよね。


では、なぜ相手の気持ちを
わかりたいと思うのでしょうか?

相手の気持ちがわかることで
どうしたいと思っているのでしょう?


・・・・・


私が思うには、そこには
「相手とつながりたい」という
「願い」がある、と思うんですね。

相手の気持ちがわかれば
自分の気持ちとの「違い」がわかります。

そして「違い」が分かれば
その違いを受け入れて、
相手をさらに深く理解する方向に
進むことができます。

そうやって
自分から相手に歩み寄る姿勢を示すためにも、
相手の気持ちをわかりたい・・・
と思うと思うのです。

あなたはどうでしょうか?


そして、相手の気持ちをわかって
相手の気持ちに歩み寄ることで
二人の間に「つながり」が生まれます。

純粋な気持ちで
「相手の気持ちをわかりたい」
「もっと相手のことを理解したい」
と思うところから
相手との関係づくりが始まります。


この時に注意したいこと。

それは、
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
自分の価値観を一旦棚に上げて
ありのままの相手の姿を見ること

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
です。


これは意外と難しいですよね。

ありのままの相手を見ているつもりが、
いつの間にか自分の価値観や思い込みで
相手を捉えてしまっているからです。


相手と自分は違います。

だから、自分が思うように
相手は思っていませんし、
自分に合わせて
相手が行動することもありません。

そんな相手とつながりを持つためには、

○自分の価値観の眼鏡を一旦外して
ありのままの相手の姿を見ていくこと

○純粋な気持ちを持って
相手に接していくこと


が大切です。


純粋な気持ち・・・

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
こころでたずねれば
こころからのこたえがもらえる

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

これは、
アメリカインディアンの言葉です。

相手とつながりを作っていくために
是非、心がけていくといいですよ。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
    
          ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:13| Comment(0) | └ 夫婦円満の心構え

2015年01月26日

夫と信頼関係を築くためにやることは? 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

私は仕事で裁判所に行くことが多いのですが、
今年に入ってから福岡地方裁判所の
セキュリティが驚くほど厳戒になっています。(^^ゞ

まるで空港の保安検査場のようです。
 
ゲートもありますし手荷物検査もあります。

一応私は身分証明書の提示で済んでいますが、
仕事以外の一般の方は細かいチェックがあります。

東京などの大都市では
2〜3年前から実施されていたようですが、
ついに福岡でも始まったようです。

さて、夫婦関係がうまくいっていない時には、
夫婦間の信頼関係がなくなっている場合が多いです。

○ここ数年、関係がギクシャクしていて
お互い相手のことがよくわからなくなっていた。

○結婚生活の中でやりたい放題しているうちに
お互い相手を信頼する気持ちがなくなっていた。

○夫の浮気が発覚したことで
これまでの夫婦間の信頼関係が崩れてしまった。


などのように、夫婦間に信頼関係がなくなると
当然ですが二人の関係はうまくいきません。

そこで、夫婦関係を修復したいと思う場合には、
「もう一度信頼関係を築いていくこと」が必要です。

では、信頼関係を築くために、
具体的にどんなことをやっていけばよいのでしょうか?

今日からでもすぐに始められそうなことを
ひとつお伝えしたいと思います。

それは・・・

「夫に関心を持って、夫の価値観を尊重する気持ちを持つこと」です。

まず、「夫に関心を持つ」ということですが、
これは意外と「関心を持っていない」という方が多いです。

そうすると、自分に関心を持ってくれない妻に対しては、
夫もだんだん距離を置くようになりますので、
夫婦なのに「ただの同居人」の関係になる恐れもあります。

そして夫に関心を持っていないということは、
同じように夫からも関心を持たれない、
ということに繋がっていきます。

こうなると、信頼関係は築けません。

また、妻が夫の価値観を知らない、もしくは
知っていても尊重する気が全くない、ということになると、
夫は「自分のことをわかってもらえない」と感じますので、
妻に対して心を開こうとは思いません。

誰でもそうですが、
「自分のことをわかってくれる」と思うから
心を開くことができるのです。


そして心を開いて接するからこそ、
信頼関係を築くことができるんですよね。

ということで、もしあなたが
もう一度夫と信頼関係を築いていきたいのであれば、
まずは「夫に関心を持って、夫の価値観を尊重する気持ちを持つこと」
から始めてみましょう。

夫に関心を持つことで夫への理解が深まり、
夫を思いやることができるようになります。

そして、夫もあなた関心を持ち、あなたの価値観を尊重し、
思いやりを持って接してくれるようになるのです。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆毎週(月)(水)(金)朝10:30に
無料メルマガを発行しています!


○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:06| Comment(0) | └ 夫婦円満の心構え

2015年01月12日

「あなたの夫が求めている愛情表現」を知るヒントとは?  

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

今日は成人の日(祝日)ですね。
いかがお過ごしでしょうか?

私は先日購入した新書のうち
今読みかけている2冊を読む時間が取れそうだ!
と思うとちょっと嬉しい気分です。(^^)

また、身体のメンテナンスにも
行ってこようと思っています。

休める時にはしっかり休んで
エネルギーを補充していきたいと思います。

さて、夫が離婚の話を持ち出してくる時に、
妻に対する最大の不満が「妻の愛情を感じられないから」
という理由であることがあります。

そして私がこれまでに
多くの方のご相談を受けてきて感じるのは、
このように「自分は妻に愛されていない」
感じている夫が意外と多いということです。

この時、妻に話を聴くと
「私は夫を愛していますよ。私にとって大切な人ですから。」
とおっしゃるわけですね。

だけどそのことが肝心の本人(夫)には伝わっていない、
というところに問題があるのです。

そこで、なぜこのような「ズレ」が生じてしまうのか?
について考えてみますと、
「夫がどんな時に愛されていると感じるのか?」
についての「理解が足りない」ことがわかります。

この時、「男女の考え方の違い」や「夫と妻それぞれの価値観の違い」
などを踏まえた上で理解していかなければ、
結果的に「夫に伝わらない」ことになってしまいます。

ではどうすれば
夫に伝わるような愛情表現ができるのでしょうか?

ここでひとつ、
あなたの夫が求めている愛情表現を
知るためのヒントをお伝えしますね。(^^)

それは、過去に夫があなたに
示してくれた愛情表現を思い出してみること
です。

なぜなら、人は愛する人に対して、
自分が愛してほしい方法で愛そうとするものだからです。

例えば、夫がスキンシップを取ることで
愛情表現をするタイプだとしたら、
そこに夫が求めている愛情表現があるということです。

同じように、夫があなたの身体を
気遣ってくれるようなタイプだとしたら、
そこに夫が求めている愛情表現があるということですね。

他にも、妻と一緒に過ごす時間を大切にしたいタイプや、
プレゼントなど何か形にして愛情を表現するタイプなど
様々だと思います。

そこでまずは、あなたの夫がこれまであなたに対して
どんな愛情表現をしてくれたのか?
について「思い出してみること」をお勧めします。


そうすることによって、
あなたの「私は夫を愛している」という気持ちが
ちゃんと夫に伝わることになるのです。(^^)

また、もう一つ、根本的な問題として
とても大事なことがあります。

それは、夫は自分のことを「そのままで」愛してほしい
と思っているということです。

つまり、「田中太郎(←夫の名前と仮定)」という
人間(自分)そのものを愛してほしい、
という根本的な欲求があるということですね。

もちろんこれは、夫に限った話ではありません。

この件に関しては、
ちょっと長くなりそうなので
また別の機会にお伝えしたいと思います。(^^ゞ

夫のことを愛しているという気持ちがあるのに
それが夫に伝わっていないということは、
お互いにとって幸せなことではありません。

夫を理解することはそう簡単なことではないけれど、
「理解しよう」と心がけて行く気持ちは大切ですね。


今日はお休みの方も多いと思います。

ちょっとそんな視点から
夫のことを見つめてみるといいかもしれません。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆毎週(月)(水)(金)朝10:30に
無料メルマガを発行しています!


○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
  
  ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 12:36| Comment(0) | └ 夫婦円満の心構え

2014年12月22日

夫の気持ちをどれだけ理解できていますか?

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

今日はまず年末年始の
カウンセリングのお知らせからです。

年末:12月29日(月)まで
年始:1月4日(日)から


12月30日〜1月3日までは
お休みをいただきます。

よろしくお願いいたします。(^^)

さて、妻が夫との関係がうまくいかない
と思っている時には、
夫も同じように思っているものです。

この時、妻と夫の間で何が起こっているのか?
といいますと、
「お互い相手の気持ちを理解できていない」
ということなんですね。

「わかっているつもり」になっているだけで、
実は「わかっていない」場合がほとんどです。

そのため、関係を修復するためにした努力が
完全に「的外れ」になってしまい、
夫の心には全く響かないという結果になってしまいます。

では、どうすれば夫の気持ちを理解する
ことができるのでしょうか?

そのためには、まずは、
これまでの夫の発言を振り返ってみることです。

大抵の場合、夫婦の関係がギクシャクし始めるまでに、
夫は小さなSOSを何度も出してきています。

「もっと○○してほしい」
「どうして○○するんだ」
「オレは○○が正しいと思っている」


など、夫の発言から夫の「価値観」や「気持ち」が
見えてくると思います。

そこをまずは理解しておくことです。

そしてその上で、夫婦関係において
「夫が何を重要だと思っているのか」
ということを、夫の立場になって、
夫の気持ちになって考えてみるのです。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
夫の立場になって考えてみる。
夫の気持ちになって考えてみる。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

よく言われることではありますが、
意外とやっていないことはありませんか?

夫婦カウンセリングをさせていただくと、
夫も妻も「自分の気持ちを相手に伝えたつもり」に
なっているものの、実際には相手にちゃんと
「伝わっていない」ことが多いことがわかります。

そうすると、お互い「問題だと思っていること」が
そもそもズレていることになりますから、
関係修復のための努力も的外れになるわけですね。

このズレを起こさないためには、
夫からのSOSを自分なりに解釈したら、
夫に直接確認してみるといいのです。

例えば、「○○(夫)は私が△△しないことで
○○(夫の気持ち)だと思っているんだよね?」というふうに。

そうすれば、夫から何らかの反応があるはずですから、
仮に思い違いであったとしても
その後すぐに修正することができますよね。

もしあなたが
夫との関係を修復していきたいのであれば、
わかったつもり、伝わったつもりになるのではなく、
夫の心の奥深い部分まで
理解していこうとする気持ちが必要
です。

そうすることで夫が、
「自分のことをわかってもらえた」
「自分の気持ちを受け止めてもらえた」
と感じれば、徐々に心を開いてきます。

そして今度は、夫もあなたの気持ちを
わかってあげたい、理解したい、
と思うようになるのです。

このようにして、夫婦間の気持ちのズレを
早い時期から修正していくことで、
二人の間に大きな心の壁ができずに済むのです。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆毎週(月)(水)(金)朝10:30に
無料メルマガを発行しています!


○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:31| Comment(0) | └ 夫婦円満の心構え

2014年09月22日

頑固な心が円満な夫婦関係を邪魔している? 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

最近はすっかり秋らしくなり、
過ごしやすい季節になってきましたね。

梨・りんご・いちじく・栗・サンマなど、
秋の味覚もおいしくいただいています。(^^)

季節の中では
春と同じくらい好きな季節です。

さて
カウンセリングをしていると、
クライアントさんとその夫の両方が
意地を張り合っているように
感じることが時々あります。

先日ご相談に来られたYさんも
そんな一人でした。

Yさんのお話をお聴きした後で、私が
「Yさんから謝ってみませんか?」と
アドバイスさせていただくと、
Yさんは「私、頑固なので無理なんです。」と一言。

お〜〜!そうなんですね。(^^ゞ

これに似たようなことは
Yさんに限らずよくあることだと思います。

あなたはどうでしょうか?

どちらかというと頑固なほうですか?

また
あなたの夫はどうでしょうか?

「頑固」というからには、
自分の意見を曲げないとか
自分の意見が正しいと相手にアピールする
ということですよね。

そしてそれがエスカレートすると、
自分の意見を相手に押しつけてしまう
ということもあるでしょう。

では
どうして頑固になってしまうのでしょうか?

「頑固さ」の奥には
どんな感情が隠れているのでしょうか?

・・・・・

ひとつは
「私のことをわかってほしい」
「私のことを認めてほしい」
という
「欲求」が隠れているんですね。

また、頑固でいることで
「自分自身を守る」ことができます。

潜在意識のレベルでは、
頑固でいないと自分自身が傷つく
と感じているのかもしれません。

更に、頑固さの奥には
「恐れ」の感情も隠れていることが多いです。

「否定されたらどうしよう・・・」
「受け入れられなかったらどうしよう・・・」

と恐れていることが多いんですね。

だから、「頑固」という鎧をつけて
自分の身をしっかり守っているのです。

しかし、この頑固さがあるゆえに、
夫婦関係はギクシャクしてしまいます。

特に、夫も妻も二人とも頑固だった場合には、
ケンカをすれば長引くことが多いですし、
元どおりの生活に戻ったとしても
お互い謝ることができないので、
ケンカ後もスッキリしないのです。

そして、このような関係を長く続けていると
お互いがお互いのことを
「夫に(妻に)何を言っても無駄だ」
とあきらめてしまい、
信頼関係を築くことは難しくなります。

そこで、夫が頑固であるならなおさら
妻だけでも素直でいることができたら、
うまく夫婦のバランスが取れると思うのです。

小さな意地を張ることの積み重ねが、
ある日大きな問題を引き起こす
きっかけになることもよくあります。


そうなってからでは大変ですよね。(^^ゞ

「私、頑固になり過ぎていないかな?」と
日頃から少し意識しておくことで、
夫婦関係がギクシャクせずに済むことも多いですよ。犬

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガ読者登録キャンペーンを始めました!

ご協力いただけると嬉しいです。(^^)

詳しくはこちらから≫≫≫ 


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:38| Comment(0) | └ 夫婦円満の心構え

2014年09月04日

「〜したつもり」になっていませんか? 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

先程、東京から戻ってきました。飛行機

昨日もいろいろと学んだのですが、
特にこれから私が力を入れて
やっていきたいことの方向性が
見えてきたことが大きな成果でした。

様々な角度からの
仲間からのアドバイスは
本当にありがたいです。(^^)

さて
クライアントさんのお話をお伺いしていると、
「それって、夫にちゃんと伝わっていたのかな?」
と感じることが時々あります。

例えば
「二人で話し合って○○と決めたはずなのに、
夫が約束を守らないんです!」と
クライアントさんがおっしゃったとします。

そこで
私が質問を交えながら事実を確認していくと、
肝心な部分の記憶があいまいだったり、
妻の中では「話し合いをした」ことになっていても
客観的に見るとそれは単に「妻の要求」で、
夫は合意したつもりではないのでは?
と感じることがあるんですね。

そして
更に具体的にいろいろお話をお伺いしていくと、
夫に対して怒りの感情が出ていた妻も、
「確かに、夫はそうは思っていなかった
かもしれませんね・・・」と
事実関係を再認識されることもあります。

このように
自分の中では「〜したつもり」
なってしまっていることって、
意外とあるのではないかなと思います。

私自身も
ちょくちょくあります。(^^ゞ

「夫に伝えたつもり」
「夫にお願いしたつもり」
「夫からOKをもらったつもり」
「二人で話し合って決めたつもり」


だけど
夫にはきちんと伝わっていなかったり、
夫はそんなつもりではなかったり・・・。

このようなことは、
夫とうまくコミュニケーションが
取れていない場合によく起こります。

しかし
このちょっとしたすれ違いから
お互いにストレスを感じることになり、
関係が悪くなっていくことも多いのです。

ですから
「〜したつもり」で終わらないように、
大事なことは後でもう一度確認をするとか、
忘れないように紙に書いておくなど、
工夫をしておくといいと思います。犬

夫婦間のすれ違いは
ちょっとした工夫をすることで
未然に防げることも多いのです。

あなたも夫に対して
「〜したつもり」になっている
ことはありませんか?

夫婦関係がギクシャクしている時ほど
丁寧なコミュニケーションを
心がけていきましょう。(^_^)/

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆夫婦関係修復を本気で望んでいる方に
おススメのプログラムを作りました。


夫の関係性を変えていくためには、
まずはあなたが変わっていくことが必要です。

ご興味のある方はこちらからどうぞ。
≫≫≫『セルフリメイクプログラム』




posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 12:50| Comment(0) | └ 夫婦円満の心構え