2016年08月04日

理不尽な離婚要求への対処の仕方  

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。


つい先日のことです。

切羽詰まった様子のクライアントさんから
カウンセリングの予約が入りました。

彼女の切羽詰まった相談というのは
「夫から期限を切られて離婚を迫られている」
というものでした。

しかもその期限まで
あと数日しか時間がないとのこと。

しかし彼女のお話をお伺いすればするほど
夫の離婚要求はなんとも理不尽なものだったのです。

そこで私は彼女に以下のような
アドバイスをさせていただきました。


1.夫が勝手に決めた離婚期限に応じる必要はないこと。

2.夫の脅しにひるまず堂々と
これまでどおりの生活をしていればいいこと。

3.夫の親や弁護士等の法律専門家が入ってきたとしても、
こちらに非がない以上何も心配はいらないこと。

4.仮に離婚調停になったとしても
妻の承諾がなければ離婚は成立しないのだから、
調停を恐れる必要はないこと。

5.経済的自立を考えて今から
できる行動をとっていくことこと。

6.四面楚歌のように思える状況でも
味方になってくれる人は必ずいること。

7.仮に離婚に応じるにしても
そのタイミングは自分で決めればいいこと。


おおよそこんなところです。

1時間半ほどじっくりお話をした後、
彼女は不安な気持ちが取れたようで
笑顔で帰って行かれました。(^^)


実は今回のような話は割とよくあるんですね。

夫からの理不尽な離婚要求

そしてこの背景には
夫が隠しているある秘密があるのです。

その秘密とは、「夫の不倫」もしくは
「夫に気になっている人がいる」ということ。

もちろん絶対にそうだということではありませんが、
かなりの確率で当たっている場合が多いです。


こんな時夫は、
あたかも妻にすべての責任があるかのように
理由をつけて離婚を要求してくるのですが、
不倫や気になっている人がいる時に
よく見られる変化が表れていることも多いです。

その変化とは、例えば、

○帰宅時間が遅くなった
○携帯を肌身離さず持ち歩いている
○見え透いた嘘をつく
○趣味や嗜好が変わった
○見た目や身なりを気にするようになった
○ダイエットや筋トレ、ジム通いを始めた


などです。

だからそんな時は
夫の身勝手な離婚要求に押し切られることなく、
まずは冷静に夫を観察してみてください。

そして理不尽な離婚要求であるのなら、
「離婚には応じられない」「離婚したくない」と
自分の意思をはっきり、きっぱり伝えましょう。

その上で、夫の次なる行動に応じた
対応をとっていけば大丈夫です。


夫からの離婚要求が激しい時には
何が正しくて何が間違っているのかさえ
わからなくなるほど
精神状態が不安定になるものです。

だからそんな時は専門家の意見を聞くなどして
現状や気持ちを整理していくといいですよ。犬

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
   
 ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:45| Comment(0) | ├ 離婚原因

2013年09月18日

性格が合わない?

こんにちは。貞松です。

すっかり朝晩は涼しく
なってきましたね。

薄手の長袖でちょうど
いい季節です。

ところで
離婚原因として
最も多いと言われているのが
「性格の不一致」です。

完全に性格が
一致することは
もちろんありませんが、
どうしても価値観が
合わないとか、
相手の性格のここが
許せないということは
あると思います。

この「性格の不一致」を理由に
夫と離婚したいな・・・と
思い始めたときには、
次のことを考えてみる
ことをおススメします。犬

@夫のいい面と悪い面を
もう一度考えてみる


→冷静になってこの両方を
考えてみることで、

自分にとって本当に
譲れない問題なのか

どうかを自問する。

Aうまくいっていた時期と
うまくいかなくなった時期
を振り返ってみる


何が変わってしまったのか
を自分の反省も含めて考える。

そしてその溝を埋めることが
できそうかどうか自問する。


まずはこの2つを考えて
みてくださいね。(^^)

そして、最終的には
「離婚」を選択することが
今の自分にとって
ベストな選択だと
いえるかどうか?

「離婚」した方が、
幸せに生きていくことが
できるかどうか?


自分の心と向き合って考え、
納得することができれば

後悔はしないと思います。

そして
いよいよ離婚を選択すると
なった場合には、
今度は現実的な視点から
きちんと清算し準備を
しておかなければなりません。目

「性格の不一致」を理由に
離婚するには、夫の了承を得る
ことが必要です。

夫と離婚の話をする時には、
事前にしっかりと準備をして臨む
ことが大事になってきます。犬

そのへんのポイントも
カウンセリングの中で
お伝えしています。(^^)

お気軽にご相談くださいね。


☆9月21日(土)開催予定の
セミナーについてはコチラから≫≫≫
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 06:33| Comment(0) | ├ 離婚原因

2013年05月29日

性格の一致よりも大切なこと

こんにちは。

「夫婦問題きちんと塾」
La・フロコリールの貞松綾子です。

離婚理由といってもいろいろありますが、
その中で最も多いとされているものが
「性格の不一致」です。

全離婚原因のうち、
男性の6割以上、女性の4割以上が
「性格の不一致」を原因とした離婚だ
と言われています。

でも、そもそも
自分と性格が一致する人なんているのでしょうか?
 
どんなに性格が自分と似ている・・・と思っても、
完全に一致する人なんていないはずです。

当たり前ですね・・・(^^ゞ

だから結局のところ、
この「性格の不一致」という言葉の根底にあるのは、
夫婦の価値観の違いや生活習慣の違いなど
「お互いの感覚のズレ」が積み重なった結果
だと思うんですね。

また、
自分と性格が一致する人、
感覚が同じ人なんていないわけですから、
その点は「違って当たり前」という前提で
考えていかないと、
結婚生活という共同生活においては
うまくいくはずがありません。

そんなことより
夫婦が家庭生活を共にするうえで大切なことは
「生活習慣」を一致させること
互いがその努力をすること
なんですね。

結婚して、
今まで全く違う人生を生きてきた二人が
生活を共にすることになれば、
「こんな面があったなんて・・」とか、
「このやり方だけはできない・・」
「どうしていつもこうなんだろう・・」など、
お互いに「驚き」や「譲れない思い」
が出てきて当然
なんです。

とはいっても
この「生活習慣の違い」が曲者なのですが・・・

これもお互いが
「折り合っていく心」を持つしかないと思います。(^^)

自分の性格を変えて相手に合わせることよりも、
「生活習慣」を折り合っていくことのほうが、
少しはハードルが下がるかな?
なんて思っています。(^^ゞ

みなさんはいかがですか?

夫婦問題 カウンセリング 福岡
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:50| ├ 離婚原因