2016年03月14日

不器用な夫の腹の中 

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。


先日、久しぶりにクライアントDさん(仮)が
カウンセリングに来られました。

Dさんとはもう2年程のお付き合いですから
Dさんの夫のこともよく存じています。

Dさんの夫は根がとっても素直で
わかりやすい性格の方なのですが、
自己表現、愛情表現に関しては
かなりの不器用さんなのです。

だからDさんとしては度々、
「言ってくれなきゃわからない!」
「あなたは何もわかってないじゃない!」

となってしまうんですね。


はい。
そう思うのも無理ありません。

Dさんの夫は
「オレの気持ち察しろよ」タイプで、
Dさんもそこは意識しているのですが
それでも限界がありますからね。(^^;

「私はエスパーじゃないから!」と
おっしゃるDさんの気持ちもわかります。


それでもDさん自身が大人になって
「大人の対応」をとることで
これまでなんとかやってきました。

ちなみにここでいう「大人の対応」とは、
「夫を丸ごと受け入れる」ということ。

夫のいいところも残念なところも
丸っと受け止めて、
Dさん自身の対応を変えて行く
ということです。


そんなDさんと夫が久しぶりに大喧嘩。

そこでDさんは心が折れてしまって
カウンセリングに来られたというわけです。

Dさんが夫に対して
怒りの感情が爆発してしまったことは
私にもその気持ちがよくわかります。

Dさんの主張はもっともな主張で、
聞いていて「うんうん、そう思うよね」
と思いましたから。


そして二人の喧嘩の中で
気になった会話がありました。

それは、

Dさん:「あなたは私を家政婦だと思ってるんでしょ!」

Dさんの夫:「そんなふうに思ったことは一度もない。
そう思われていること自体に腹が立つ!
オレの腹の中はわからんだろう!」


さてこの会話から
あなたは何を感じ、どう思いますか?

Dさんの夫が言わんとしている
「オレの腹の中」って何でしょうね?・・・・・


この後、Dさんから別のエピソードもお伺いし、
「夫の腹の中」について一緒に考えていきました。

そしてカウンセリングが終わり
Dさんが帰ろうとしていたその時です。

Dさんの持っていたバッグに
かわいらしいクマのマスコットが。

そこですかさず突っ込みました。(笑)

そのクマのマスコットこそ、
Dさんの夫の腹の中だったのです。


Dさんの夫の腹の中・・・

それは、、、

「オレなりに愛しているんだぞ!」

そのクマのマスコットを見て、
その時の二人のエピソードをお伺いして
私はそう感じました。(^^)

そこで、夫との喧嘩の仲直りへの一歩に
このクマのマスコットに協力してもらう
作戦を立てました。

その結果は・・・

ドンピシャ!ビンゴ!でしたよ。

やはり夫が察してほしかった
「オレの腹の中」はここだったんですね。


このように
自己表現が苦手な夫の場合は、
言葉でうまく伝えることができませんから
当然に誤解を生みやすいのです。

そうなると妻も大変ですよね。

夫がわかってくれないから
1人でいろんなことを抱え込んで、
我慢、我慢の日々になりやすいのです。


一般的に女性は男性と比べて
「言葉」を欲するものです。

だけど男性はそれほど「言葉」を
重要だと思っていないことも多いです。

いちいち言葉で言わなくても、
「オレの態度でわかるだろ」
「オレの気持ちを察してくれよ」
そんなふうに思うものです。


ちなみに、ここでいう「態度」とは
何も特別なことではありません。

例えば
夫が働いて家庭にお金を入れること。

これは妻としては
「当たり前」として受け取りがちですが、
この夫の行動には妻へ、家族への
「夫の愛情」が入っているんです。

そこも含めての「態度」なんですね。


さてあなたも自分の夫の腹の中を知るために、
夫の言葉ではなく「態度」を見直してみませんか?


そうすれば、普段見落としていた夫の愛情に
気づくかもしれません。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

☆第5回『スマート心塾』に参加されませんか?

(1)勉強会テーマ

「スマートコミュニケーション
〜思い込みと潜在意識(後編)〜」

本当の自分は潜在意識の中にあります。

今回は「後編」ということで
ワークを中心に自分自身の掘り下げを
行っていきますよ。

どんな自分が出てくるのかお楽しみに♪

(2)座談会テーマ

「私が過去に影響を受けた人」

あなたが良い影響を受けた人について
そこでの学びや気づきをシェアしましょう!

お時間に余裕がある方は
是非、座談会にもご参加くださいませ。(^^)

※勉強会のみの参加も可能です。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

1.開催日時 
  3月27日(日)
  勉強会 13時00分〜16時00分
  座談会 16時10分〜17時30分

2.定 員:4名    

3.参加費:5,000円(税込) ※勉強会+座談会
  当日ご持参ください

4.開催場所:カウンセリングルーム La・フロコリール
  福岡市城南区別府4丁目1−13 アグレアーブル別府301号
  電話:092−407−7055

5.持参するもの:筆記用具、クリアファイル

6.申し込み方法
  下記アドレス宛にメールにてお申込み下さい。
  なおその際には、下記(1)〜(2)をご記入ください。
  (1)氏名
  (2)座談会参加の有無

☆お申し込みアドレス→Mail:info@flocorir.com



posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:53| Comment(0) | └ 離婚か修復か

2015年11月09日

期限を決めて全力でやる                      

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。


先週の土曜日は
久しぶりに愛犬を連れてドッグランに行き、
日曜日も近所の山に散策に行ってきました。犬

それぞれ半日ずつではありますが、
犬と自然の「ワンセット(笑)」は
私にとって何よりリラックスできる時間です。

自分に十分なエネルギーがない時には
仕事のパフォーマンスも上がりませんので、
好きなことをする時間や
リラックスタイムは欠かせませんね。(^^)

ということで
今週も「今私にできること」を考えて
しっかり頑張っていきたいと思います!


さて、あなたはこれまで
目標に向かって努力をしている時に、
なかなか思うような成果が出ないため
将来に対して不安を感じた経験はありませんか?

例えば夫婦問題で考えると、
夫の離婚要求に対して
関係を修復したいとの思い(目標)があって
努力をしているものの、
一向に関係が好転しない場合とかですね。

こんな時は、
「この状態がいつまで続くんだろう」
「もう夫との関係修復は無理なのかな」
「離婚して次の人生を踏み出す時なのかな」

など、漠然とした不安が膨らみ、
一人暗闇の中にいるような気がして
どうしていいかわからず、
苦しい状況に陥ってしまうかもしれません。


もちろんこれは
夫婦問題に限ったことだけではありません。

人生のいろんな場面で起こりうることです。

進みたくても進めない。
先が見えない不安。
時間だけが虚しく過ぎていく恐怖。

だけど決断することもできない・・・


これほど苦しいことはないと思います。

そこでこんな時には
次のような考え方もできますよ。


それは・・・
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
期限を決めて全力でやる
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
ということです。


これは私もこれまでの人生で
何度か経験してきました。

そのうちのひとつは
司法書士試験受験を決めた時です。

当時私はまだ結婚もしておらず
年齢もそれほど若くなかったこともあり、
『3年努力してダメだったらきっぱりあきらめる!』
と決意して受験生活をスタートさせました。

この時自分の中で
「期限を3年」と決めたことで、
その間は何があってもあきらめずに
目標だけを見て全力で努力することができました。

辛い時や嫌になる時もありましたが、
その辛さや苦労もずっと続くのではなく
「3年で終わる」と思っていましたので
なんとか乗り切ることができました。


このように
「期限を決めること」のメリットは、

1.必要以上に悩まずに済む

→期間限定なので将来の漠然とした不安を
抱えずに済み楽になります。

2.エネルギーを集中させることができる

→悩むことにエネルギーを取られない分、
目標を達成することだけを考えて行動できます。

3.後悔しない

→決めた期間中は全力でやり切るため
たとえ結果が出なくても後悔はありません。

などがあります。


もちろん、これも性格によっては
合う、合わないがあると思いますので、
「こういう考え方もあるんだな」程度に
参考にしていただければと思います。

ちなみに
『期限を決めて全力でやる』というのは、
『期限を決める代わりに期限内はブレることなく
目標だけを見て全力で努力する』

ということです。

そして
『全力で努力する』というのは、
『今自分にできることを考えて精一杯やっていく』
ということです。


悩んでいるだけでは何も解決できません。

何かしら自分に合った
一歩を踏み出していきましょう。(^^)/

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
☆メルマガを発行しています!

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
    
     ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945




posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:44| Comment(0) | └ 離婚か修復か

2015年02月12日

離婚か修復かを決める際の3つのポイント      

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

先日は久しぶりに司法書士の研修に参加し、
ガッツリ勉強してきました。

最近は細々としたご相談が増えていますので、
きちんと対応できるよう自己研鑽が必要だと
改めて痛感しています。

使わない知識はどんどん忘れていきますからね。(^^ゞ

さて、夫が浮気をするなどの問題行動を起こして
夫婦関係がうまくいかなくなると、
離婚すべきか、それとも関係修復のために頑張るべきか、
気持ちが決まるまでに時間がかかると思います。

どちらの選択をするか決めるためには
自分の本当の気持ちに気づく必要がありますし、
自分の今後の人生をどうやって生きて行きたいのか
についても考えなければなりません。

そして、自分がした選択(決断)は
間違いたくないですし、後悔もしたくないと思うんですね。

では、選択を間違わず、後悔もしないようにするためには
どんな心構えが必要なのでしょうか?


以下、私が考えておくべきだと思う
3つのポイントをお伝えしますね。(^^)

【ポイント1:あるがままの現実を受け取る】

これは例えば、問題発覚後に気づいた夫の性格や
夫婦の歴史(勘違いしていた部分も含めて)、
今自分が置かれている環境や生活状況などについて、
ある意味シビアな目で見るということです。

夫と離婚したくない、という点にのみ意識が向いてしまうと、
どうしても現実を「自分に都合の良いように」解釈しがちです。

嫌な部分は見たくないですからね。

そうすると、たとえ関係修復の努力をしているつもりでも、
努力が的を射ないので、功を奏さないことになります。

ですから、「あるがままの現実を受け取ること」が
建設的な努力を始める第一歩なのです。

夫が幼稚でわがままな人間だと気づいたのなら、
まずは「そのとおりに受け取る」ということですね。

【ポイント2:両方の選択が「可能」であることを知る】

クライアントさんが離婚を思いとどまる
理由としてよく挙げられることに、
「もう○○歳なので再就職も再婚も難しい」
「結婚後に仕事を辞めてしまいキャリアがない」
「子どもを育てるだけの経済力がない」などがあります。

確かに、年齢やキャリアなど一部については
事実を挙げているのですが、
そのことがイコール=自分の可能性を自分で否定している
ことになっています。

「〜だから・・・できない。・・・は無理だ。」
「私はこれ以上のことはできない人間なんだ」
と自分で決めつけているんですね。

そうすると、もはや選択肢としては
「離婚できない」しかないわけです。

だけど、実際に真剣に考えてやってもみないうちから
自分の可能性を決めつけて
あきらめてしまう必要はありません。

一般的にそうだから・・・ということが
あなたにもあてはまるかどうかはわからないのです。

ですから、自分の中のいろんな制限を外してみて、
自分が「両方の選択が可能であること」を知ってくださいね。

自分を信じていく勇気を持ちましょう!(^^)

人生、なんとかなるものです。

【ポイント3:自分の人生の先に何を見るか?】

離婚を選択しても、夫婦関係修復を選択しても、
どちらも相当なエネルギーが必要です。

そして、自分の大事なエネルギーをどちらに使うのか?
を考える時に大事なことは、
「自分の人生の先に何を見るか?」です。

例えば・・・

モラハラ夫との生活を強いられてきた人であれば、
離婚後に安心して自由に伸び伸びと
楽しく暮らしている姿を想像するかもしれません。

これまで、本当の意味での夫婦関係を
築けていなかったことに気づいた人であれば、
もう一度夫に向き合い修復の努力をすることで、
お互いに理解し安心し合える夫婦関係に
なっている姿を想像するかもしれません。

自分の人生の先に何を見るか? つまり、
自分の未来はどうなっていたいのか? についても、
しっかり考えていきたいところです。

あなたの大事な人生の選択です。

参考にしていただければ幸いです。(^^)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
☆メルマガを発行しています!

○夫婦関係修復のコツ
○自分の感情との上手な付き合い方
○夫とのコミュニケーションの取り方
○夫からの離婚要求への対処法
○男女の思考、行動の違い 
○クライアントさんの事例

などなど、女性(妻)目線から考えた
夫婦問題解決に役立つ記事を書いています。

また時々ですが、メルマガ読者さん限定の
サービスも行っております。(^^)

ご興味のある方は、下記よりご登録ください。

『離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)』
    

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=200945


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:46| Comment(0) | └ 離婚か修復か

2013年11月21日

正しい選択

おはようございます。
貞松です。

最近すっかり寒くなったので、
今年も秋は短かったな・・・
と少し寂しく感じていました。

でも
昨日裁判所に行った帰り道、
なんとなくけやき通りを
散歩してみると、並木が
きれいに紅葉していました。

葉っぱもたくさん残っていて、
まだまだ秋を感じること
ができましたよ〜(^^♪

さて
クライアントさんから
「何が正しいことなのか
わからなくなってきました。」

と言われることがあります。

離婚するべきなのか、
それとももう一度夫と
やり直すべきなのか・・・

どちらの選択が正しい選択
なのかわからない・・・
とおっしゃるんですね。

夫の本心がわからないから
自分の気持ちも決めきれない

というわけです。

では、
自分にとって正しい選択
とはどんな選択なのでしょうか?

離婚したほうが幸せになれるのか?
それとも
修復したほうが幸せになれるのか?

難しい問題です。ダッシュ(走り出すさま)

なぜなら
どちらが正しい選択なのか
ということを、
選択する時点で知ることは
そもそも不可能だからです。

もちろん
正しいと「思う」選択をする
ことはできますよ。

だからこんな時は、
自分の気持ちに素直になって、
自分の選択に後悔しないよう、
覚悟を決めて生きて行く

ほかないと思っています。犬

「こっちが正しい選択よ」
と教えてくれる人はいませんし、
どっちが正しいのかなんて、
結局は本人にしか決められない
ことですよね。

それに
正しかったかどうかなんて
「後になってから」しか
わからないことです。

だから
「今、あなたがどうしたいのか?」
その気持ちに正直に生きてみること

まずはそれしかないと思うのです。

夫がこうするから・・・
夫がこうしてくれないから・・・

という「夫中心」の考えで
選択してしまうと、
後悔することになりますよ。

後悔しない選択をするためには、
「自分中心」の考え方を
していけばいいのです。

「私はどうしたいのか?」
を大事にしてくださいね。(^_^)/

福岡 夫婦問題 離婚 カウンセリング 
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 06:19| Comment(0) | └ 離婚か修復か

2013年10月28日

こんなときにも調停を

おはようございます。
貞松です。

先日、久しぶりに天神に行って、
来年のスケジュール帳と
スマホ用のケースを買いました。

特に好きな色というわけでは
ないのですが、その日はなぜか
「赤色」が目にとまり、
両方とも「赤色」にしました。

物を新しくすると、
気分も心機一転となっていいですね。(^^)

さて
夫婦間で行う「調停」というと、
「離婚調停」を想像することが
多いと思いますが、
その反対の「円満調停」もあります。

円満調停は
夫婦関係がうまくいかなくなった場合に、
円満な夫婦関係を取り戻すために
話し合う場として調停を利用するものです。

例えば
・別居を解消したい
・夫に不倫相手と別れてもらいたい
・生活費をきちんと入れてほしい
・離婚要求されているが離婚したくない

といった場合などに利用できます。犬

夫婦間ではなかなか話し合いが
まとまらない場合などには、
「円満調停」を利用して、
調停委員という第三者を介して
話し合いをすることで解決
できるかもしれません。


そして
調停で話し合いがうまくまとまれば
調停が成立し、調停調書が作成されます。

この点は、離婚調停と同じです。

もちろん
調停を申し立てるほうがいいのか、
それとももう少し夫婦間で話し合いを
続けた方がいいのか、
ケースバイケースで判断
しなければなりません。

調停がいくら「話し合いの場」
だとしても、よく考えてから
申立てをしたほうがいいのです。

私の場合はどうなの?と思う方は、
お気軽にご相談くださいね。

それでは
今週も頑張っていきましょう。(^_^)/

IMG_1321.JPG

福岡 離婚相談 浮気 カウンセリング
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 06:12| Comment(0) | └ 離婚か修復か