2014年06月09日

不満を感じやすい人の共通点とは○○○が強いこと

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

先週末
コーギーをお風呂にいれたのですが、
20キロの大柄な体格のため、
お風呂後のドライヤーはいつも一苦労です。あせあせ(飛び散る汗)

抜け毛も半端なく、
ドライヤー係の私も毛だらけになります。

いろんな犬との生活が長い私でも、
コーギーの抜け毛には毎回
かなりまいってしまいます。(^^ゞ

さて
日々の生活の中で、
不満を感じやすい人とそうでない人がいますよね。

夫婦関係においてもそうです。

夫に不満ばかり感じてしまう妻もいれば、
あまり不満を感じることなく
楽しく生活している妻もいます。

では
この違いはどこにあると思いますか?

夫に問題があるかどうかの違いでしょうか?

・・・・・

一般的に
「不満を感じやすい人」は、
依存心が強い=相手に依存している

ことが多いです。

相手に依存しているということは、
自分が相手から「何かをしてもらう立場」
にあるということですから、
「〜してくれない」、「〜してもらえない」
というように不満を感じやすくなるのです。

これまでにも
ブログで何度か書いてきましたが、
人が幸せに生きていくためには、
まずは「精神的に自立をすること」
なにより必要だと私は思っています。犬

なぜなら、
相手への依存心が強ければ強いほど、
満たされないこと(不満)が多くなり、
幸せを感じることができなくなる
と思うからです。

とは言え、
どんなに自立している人でも、
程度の差はありますが「依存心」は
誰にでもあるものですから、
何らかの不満を抱えているものです。

しかし
依存心が強い人に比べれば、
精神的に自立をしている人は
「不満を感じる場面が少ない」と言えます。

夫婦関係において
「夫につい不満をぶつけてしまう・・・」
ということはよくあることですが、
これもよくよく考えてみれば、
「夫に不満を解消してもらおう」、
といった「夫への依存心」から起こる問題です。

そして
不満をぶつけても夫が何もしれくれない、
夫が問題を解決してくれないなど、
更に不満がたまってしまうことも多いのです。(^^ゞ

ということは
夫への依存心を減らすことができれば、
それに比例して不満も減ってくる

ということになりそうですね。

依存心を減らすためには、
その分自立心を増やしていかなければなりません。

そこで
次回のブログでは、
「何が原因で不満が生じるのか?」という視点から、
自立心を増やしていくためにはどうすればいいのか
について考えていきたいと思います。(^^)

☆「100日間 セルフリメイクプログラム」始めました!

夫婦関係改善のために、
まずはセルフリメイクから始めませんか?

詳しくはこちらから≫≫≫

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:35| Comment(0) | └ 自立と依存

2014年05月02日

夫がいないと生きていけない?

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

GW後半は、全国的に
良い天気に恵まれるようですね。

やはり
天気がいいと気分も上がります!

明日からお休みの方は、
思いっきりリフレッシュされてくださいね。(^^)

さて
随分前の話になりますが、
あるクライアントさんが
夫とのこれまでの関係を振り返ってみたとき、
日常的に次のような行動をとっておられました。

・夫の帰宅が遅い日は、
 帰宅時間の確認のメールを何度も入れる。

・夫のいない時に携帯電話をみる。

・わざと夫を怒らせるようなことを
 言ったり、したりする。

・夫の都合を考えずに
 自分の気持ちを押し付ける。

では
これらの行動はどんな心理状態から
起きているのでしょうか?


・・・・・

このとき
彼女の心の中には「見捨てられ不安」
あるんですね。

「見捨てられ不安」というのは、
信頼している人との間に少しでも距離を感じると、
「私、見捨てられるかも!」といったように
不安な気持ちでいっぱいになり、
いてもたってもいられなくなる心理状態のことです。


自分でコントロールできない怒りや
寂しさ、悲しさ、虚しさを心に抱えていて、
それを夫に埋めてもらおうとして
夫にすがりついてしまうんですね。

そして
「見捨てられ不安」が強くなると、
一日中夫のことばかり考えてしまい、
夫のことをあれこれ詮索したい衝動
にかられるようになります。

こうなってくると
本人はかなり苦しいのです。ふらふら

毎日毎日
心は満たされずに不安でいっぱいになり、
「夫を失ったら、私一人では生きて行けない!」
という思いに支配されていきます。

この「見捨てられ不安」は、
幼少期に親から十分に愛されなかったとか、
受け止めてもらえなかったことなどにより、
「自己肯定感」がうまく育たなかったことが
原因であると言われています。

そして
「見捨てられ不安」の奥には
相手(夫)への「依存」があるんですね。

だから
見捨てられ不安を解消するためには、
精神的に「自立」をすることが必要です。

自分で自分の心を満たして
安心することができるようになれば、
見捨てられ不安の呪縛から解放されます。

そのためには
まずは「自己肯定感」を高めることです。

そして
自己肯定感を高めるためには、
「ありのままの自分を受け入れること」
からスタートしましょう!

・・・と言っても、
なかなか難しいかもしれません。(^^ゞ

でも
あきらめずに地道に意識を向けていけば
克服できないことではありませんよ。

自分の満たされない感情を
夫に満たしてもらおうとするのは「依存」です。

自分自身で満たしていくことができる
ようになることが「自立」です。


あなたはどちらの自分でありたいですか?


☆夫との関係を今のうちに見直しておきたい!
という方は、初回おためしカウンセリング
(60分3,000円)をご利用ください。(^^)/

☆夫婦関係修復メルマガやっています!
詳しくはこちらから≫≫≫ 


posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 11:47| Comment(0) | └ 自立と依存

2013年10月20日

実際は逆が正しい?

おはようございます。
貞松です。

今日は午前中にカウンセリングの
ご予約が入っています。

日曜日は基本的にお休みですが、
仕事や家庭の事情などで
日曜日しか都合がつかない方は、
遠慮なくおっしゃってくださいね。(^^)

それでは今日は、
ブログ内容の変更をします。

皆さんに質問です。

あなたは
自分で「自己評価」が高いほう
だと思いますか?
それとも低いほうだと思いますか?

例えば、夫との関係において
自己評価が「低い」場合には、
夫から自分がどう思われているのか、
夫の些細な言動を気にして
不安に感じることが多くなります
ふらふら

そして
不安な気持ちを満たそうとして、
夫に「迎合」しようとします。

しかし
自分の意思を曲げてでも
夫に気に入られようと
調子を合わせても、
不安な気持ちは解消されません。

また
夫に合わせたからあなたが
評価されるか、というと
そうとも限りません。

実はこれ、
思考・行動が「逆」なんですね。目

というのは
あなたが夫に合わせても
夫から評価されない、
認めてもらえないというのは、
あなたの意見を主張しないから
なんですね。犬

そうは言っても、
今さら夫が私の意見なんて
聞いてくれるわけないし・・・

夫の期待に添うようにできない
私の努力が足りないだけ・・・

なんて思うかもしれません。

でも
もしあなたが、
自己評価が低くて、
今まで夫との関係が
うまくいかなかったとしたら、
「自分に対する見方」を
ちょっと変えてみよう!

という視点も大事です。目

そのときに
思い出してほしい言葉があります。

「実際は逆が正しいのである」という
アメリカのある心理学者の言葉です。

もちろん、
いったん自分の中で確立された
思考パターンや行動パターンを
変えるのは簡単ではありません。

でも
自分の感情のあり方が
夫の言動に依存してしまうのは、
実は自分自身が一番辛いこと
ではないでしょうか?

そういう私も
何かうまくいかないことがあると、
「実は逆が正しいのかも?」と
ちょっと立ち止まって考えてみる
ことを心がけています。犬

それでは
よい週末をお過ごしください。(^^)/

福岡 夫婦問題 離婚 浮気 相談
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 07:20| Comment(0) | └ 自立と依存