2014年04月30日

夫婦はお互いに「宝」になれるのです。

こんにちは。

離婚・夫婦問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

今日で4月も終わりですね。

今日はちょっと私の過去について
書かせていただきたいと思います。
(興味のない方はスルーしてくださいね。)

4月も終わり・・・といえば、
4年前のちょうど今くらいの時期に、
夫と2人、3泊4日で台湾に遊びに行きました。

観光やグルメ、足つぼマッサージなどを
満喫したあとで、台湾で有名な占い師さん
(日本語もできるということで)に、
夫婦関係をみてもらいました。

その時、私たち2人の間に何か問題があった
というわけではありませんでしたが、
せっかく台湾に来たことだし・・・・と
軽い気持ちだったんです。(^^ゞ

占い師さん(女性)から
お互いの性格や相性などを
ズバズバ指摘された後、
彼女が夫に向かってこう言いました。

(カタコトの日本語で)

「あなたね、彼女(私)は宝だから、
今までもあなた、よくやってるけどね、
もっと彼女を大事にしなさい。宝だから。」


・・・・・

その言葉に即反応したのは、
夫ではなく私でした。

私「えっ?先生、私が彼にとっての宝ですか?
  私、妻として全然ダメなんですけど、
  今おっしゃったこと、逆ではないですか?」

それに対して夫はひとこと。

夫「はい。わかっています。(^^ゞ」

私「・・・・・・(>_<)」

この話は
「私ってすごいでしょう!」ということを
言いたいわけではありません。

そうではないんです。

これまでにも何度かブログやメルマガで、
私の過去の「ダメ妻ぶり」を
さらけ出してきたことがありますが、
この当時もかなりの「ダメ妻」で、
夫は私にとっての「宝」だと思っていましたが、
ダメ妻な私が夫にとっての「宝」だなんて、
10000%あり得ないことだと
本気で思っていたんです。

お恥ずかしいことですが、
そのくらいダメダメだったんですね。(>_<)

当時の私のダメ妻ぶりは、典型的な
「自己中妻」・「コントロール妻」でしたから・・・

占いの後、
この、ある意味衝撃的な占い師の言葉に
強く反発する自分と、
違和感を覚えた自分がいました。

私にとって夫は宝。

夫には私が持っていない
素晴らしい資質がたくさんある。

私には到底まねできない
深い愛情と広い懐がある。

その点では私は夫にかなわないし
かなう必要もない・・・・
(だって私には私のいいところがあるし。)

・・・・・

あれっ???

なんか最後の一文にも違和感が・・・・。

はい。
当時の私はこんなかんじでした。(^^ゞ

私はわたし。
夫はおっと。

もちろん、
これはある意味正しいのです。

夫婦とはいえ、異なる価値観を持った
異なる人間なのですからね。

でも、それはそれとして、
ここで終わっていたら
私自身も、そして私たち夫婦も
これ以上の関係に発展することはありません。

もしかすると
いつの日か夫が私に愛想をつかして、
別のパートナーを求めることだって
あったかもしれません。

そんなこんなで、
台湾滞在最終日のこの出来事によって、
私は自分自身への「大きなお土産」を
持って日本に帰ることになりました。

そして日本に戻ってからは、
「私は彼(夫)にとって宝なんかじゃない!」
そう思えてならない自分自身と、
否応なしに向き合うことになりました。

夫が今まで私にどんな態度で
接してくれていたのか。

どんな気持ちで
私を受け入れてくれていたのか。


夫は愛情深くて優しい人だから
そうしてくれて当然・・・
と思っていた自分を思い知ることになり、

自分がいかに身勝手だったか、
夫に愛情を与えてこなかったか、
夫を認めてこなかったか、

ということを考えさせられました。

そして
私も彼の宝になれる!
宝になる、と決めて行動していけば
必ず宝になれるから!

そう、自分の中で腹が決まりました。(^^)

4年前のある春の日のことでした。

もちろん
それからも、いろんな失敗や葛藤
がたくさんありました。

元々、頑固な性格なので、
変わるのも一苦労なんです。(笑)

でも振り返ってみて、
今ひとつ言えるとしたら、
夫に「ありがとう」です。

夫という存在がいなければ、
きっと私の独善的な思考は変わることが
なかったでしょう。

我の強いままの私で終わっていた
かもしれません。

自分の足りないところを改めることもなく、
何の成長もできないまま、
自分にとっての幸せを勘違いして
生きていたかもしれません。

あなたも、夫がいてくれたからこそ
気づけたことや、
夫婦間に問題が生じたからこそ
学べたこともたくさんある
のではないかな、と思います。(^^)

あとはその気づきや学びをどう生かしていくか?

ここからがあなた自身の成長であり、
幸せな夫婦関係を築いていくことに
繋がるのだと思っています。
犬

どうか
今ある現実を、あなたにとって
前向き捉えていってくださいね。

私も応援しています。(^^)/

☆夫婦関係修復メルマガやっています!

「離婚危機を抜け出し、幸せな夫婦関係を取り戻す
無料メール講座(全9回)」
です。

詳細はこちらからどうぞ。≫≫≫

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 10:39| Comment(0) | └ 感謝の気持ち

2014年02月12日

トイレの貼り紙に思う「希望の伝え方」とは?

こんにちは。

離婚・浮気問題解決の専門家
司法書士の貞松綾子です。

今日も寒いですね〜

午前中に
自転車で裁判所まで行ってきたのですが、
手袋を忘れてしまったため、
手が凍えて痛かったです。

春が来るのが待ち遠しいですね。(^^ゞ

さて
このブログでも何度も
お伝えしてきましたが、
夫をコントロールして
自分の思いどおりにさせること
はできません。

しかし
夫に「こうあってほしいな」と
希望を持つことはいいと思うんですね。

逆に
希望も持てないような相手だと
夫婦でいる意味があるのか・・・
と思ってしまいます。

この夫に対する「希望」なんですが、
ただ願っているだけでは
やはり現実的に考えても
希望が叶う可能性は低いです。

そこで
是非試してみてほしいことが
あるんですね。

それは
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
「希望」を、それが実現した「結果」
として表現してみる

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

ということです。

ちょっとわかりにくいと思いますので、
少し話を変えますね。

例えば、こんな経験ありませんか?

外出先のトイレで
「いつもトイレをきれいに
ご使用いただきありがとうございます。」

という貼り紙を見たことがある。

一度くらいは見たことがあるのでは
ないかなと思います。

この文章を読むと
たいていの人は「トイレをきれいに使おう」
という気持ちになると思うんですね。

「トイレをきれいに使用してください」
という文章よりも、
「トイレをきれいに使おう」という気持ちに
なるのではないでしょうか?

しかも
「いつも」という言葉も結構響きます。(^^ゞ

ここには
トイレをきれいに使ってほしいという「希望」を、
トイレをきれいに使ってくれたという「結果」
に込めて表現しています。


そして
感謝の気持ち「ありがとう」
で最後をしめていますよね。

この文章を読んだ側としては、
そうしようという気持ちになるのと同時に、
なんとなくいい気持ちにもなると思うんです。


そこで
このパターンを応用してみると、

話しかけてもそっけない態度の夫には、
「いつも話を聞いてくれてありがとう。」
と言ってみる。

私には無関心だけど、子供のことは
よく世話をしてくれる夫には、
「いつも家族のことを考えてくれて
ありがとう。○○くんは優しいね。」

と言ってみる。

など
「ちゃんと話を聞いてほしい」とか
「私にも優しくしてほしい」という
「希望」を、「そうしてくれた」という
「結果」に込めて話してみるとどうでしょうか?

このとき
とりあえずの「現実」はどうでもいいんです。

今はそっけないし、私には優しくない・・・
そんな夫でもいいと思うんですね。

それに
はじめのうちは
「わざとらしいかな」とか、
「また無視された」と感じる
ことも多いと思います。

でも
この繰り返しが後々効いてきますよ。

「じわじわと魔法をかけていく・・・」
くらいの気持ちでちょうどいいのかも
しれません。(^^)

posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 13:33| Comment(0) | └ 感謝の気持ち

2013年07月19日

近すぎる幸せは見えにくい

こんにちは。

「夫婦問題きちんと塾」
La・フロコリールの貞松綾子です。

今日は
「人生はワンチャンス」という本の中
のあるストーリーのご紹介です。

メルセデス・ベンツの生みの親、
カール・ベンツは世界で初めて
ガソリンエンジンの自動車を作りましたが、
「うるさい」「くさい」「子供のおもちゃだ」と
ひどい言われようでした。

そんなさなか
彼に味方した人物がいます。

「世界でたったひとり、私と同じ勇気をもって信じ、
希望を持ち続ける人間がいた・・それが私の妻である。」
妻のベルタは助手席に座って、
いつも走行試験に同行しました。

しょっちゅうトラブルが起こるため、
油にまみれてエンジンをかけ直したり、
車を手で押して帰ることも度々あったそうです。

未来を見つめたり夢を追うことも大切ですが、
あなたのそばにいる人への
「感謝を忘れないようにすること」も大切ですね
。(^^)

いつもあなたのそばにいる人は誰ですか?

普段は当たり前のことが、
ある日突然当たり前ではなくなってしまったら・・・


その時になって「ありがたさ」や
「幸せ」を感じるのでは、
遅いのかもしれませんね。

「近すぎる幸せは見えにくい」ものです。

だから
私が毎日生活できていること自体に感謝をして、
私に関わってくれるすべての人たちに
感謝するよう心がけています。(^^)

あなたは今日、誰に感謝をしますか?

その人がいてくれて、あなたは幸せですか?

福岡 夫婦問題 離婚 相談
posted by 福岡の「女性のための夫婦問題きちんと塾」 at 07:30| └ 感謝の気持ち